中古スマホで白ロムを見分けるには

Sim

中古スマホで白ロムを見分けるには

投稿日:

中古スマホで格安SIMを使いたいというニーズは多いと思います。せっかく格安SIMを使うのだからスマホも中古でいい。その場合には「白ロム」と呼ばれる、通信制限などの問題がないスマホを購入する必要があります。その見分け方をお伝えします。

スポンサーリンク

中古スマホの「IMEI番号」を確認する

オークションサイトなどでの購入の場合、商品説明の中に「IMEI番号」と呼ばれる15桁の識別番号が記載されていれば、「白ロム」かどうかを調べることができます。逆に言うと、IMEI番号が書かれていないスマホは論外と言っていいでしょう。

そして、IMEI番号を使って、キャリアのネットワーク制限がかかっていないか検索します。それぞれのキャリアの「ネットワーク制限判別サイト」はこちらです。

ここで、「白ロム」と思われる結果の例をご紹介します。

ドコモ判定結果

これはドコモの中古スマホです。IMEIで検索すると「○」と判別されました。これは「白ロム」と言えるでしょう。最悪の場合、記載されているIMEI番号が偽造されている可能性がありますが、それは業者を信用できるかどうかの判断になります。

以下は注意すべき結果の例です。

au判定結果

これはauの中古スマホです。IMEIで検索すると「△」と判別されています。これは端末の分割払いの支払いが終わっていないなどの理由で、まだ「赤ロム」つまり、使えない端末になってしまう可能性が残っています。業者を信頼できるかどうかですが、リスクが高いでしょう。

au判定結果

これはソフトバンクのスマホです。IMEIで検索すると「△」となっています。この業者は「万が一、使えなくなった場合は全額返金します」と書いてありましたが、果たしてそれを信用できるかどうかになってきます。やはりリスクは存在します。

オークションサイトやフリマサイトのようなところでは、業者が信頼できるかどうかになってきます。取引実績などである程度判断できるものの、自己責任の世界ですので注意が必要です。

大手中古スマホ販売店を利用する

大手中古スマホ販売店で購入すれば、「白ロム」を安全に入手することができるでしょう。IMEIの偽造は考えにくいですし、何らかのトラブルにあっても対応できます。また、保証期間があることが多いため、より安心して購入することができます。

ソフマップ商品説明

これはある中古販売店の例です。「製造番号」としてIMEI番号が書かれていました。

ソフマップ判定結果

結果は「○」です。ここまでくれば確実に「白ロム」と言えるでしょう。

リスクをとるかどうか

前述したようにオークションサイトやフリマサイトを使うのであれば、リスクがあり自己責任となります。大手中古販売店であれば、リスクは最小になりますが、少し割高にはなるでしょう。中古で買うようなスマートフォンであれば、安くないものだと思われます。それを少しでも安くするためにリスクを背負うか。慎重に判断していただきたいところです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Sim
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アンプの外観

Wi-Fi内蔵のIoTギターアンプ?老舗Fenderの「Mustang GT」が野心的!

果たして、ギターアンプがインターネットに繋がる意味はあるのか?それに対する現在のFenderからの答えがこの「Mustang GT」というアンプ。初心者には難しいギターアンプのセッティングをネットで共 …

graph

格安SIMに関するトラブル相談が2.8倍に?格安SIM乗り換え時の注意点を解説!

国民生活センターは2016年の「格安SIMに関するトラブル」の相談が前年に比べて2.8倍になったことを発表しました。その件数は1045件。相談にまで発展した件数ですので、実際のトラブルは相当多数にのぼ …

LINEトーク・通話が使い放題。LINEモバイルは「使える」格安SIMなのか。

2016年9月からLINEモバイルの正式サービスが始まっています。積極的に広告を打っていてよく見るようになったLINEモバイル。果たして使える格安SIMなのか、みていきたいと思います。 Content …

SIMWバナー

格安SIM・格安スマホの速度比較はこれで充分!リアルタイム比較サービス

WebスタートアップのGogashaが格安SIMの通信速度を比較できるWebアプリ「SIMW」を公開しました。格安SIMの速度は、どこが速いのか頻繁に順位が変わります。そのため比較記事を参照するよりも …

FREETELホームページ

FREETELの端末販売方法は「優良誤認」?問い合わせてみた結果

昨日、FREETELが中古iPhone6sを新品より4万円高い「10万円」で売る暴挙という記事を掲載しました。内容としては、ホームページのどこにも10万円という記載がなく、契約を解除するときに残額を一 …