楽天モバイルがiPhone販売キャンペーン!あのプラン推し!

Sim

楽天モバイルがiPhone販売キャンペーン!あのプラン推し!

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

楽天モバイルがApple整備済みiPhone SE/6s/6s Plusを販売するキャンペーンを始めました。そして、先日申し込みを開始した最低速度1Mbpsの「スーパーホーダイ」とセットにすると、最大20,000円の割引が受けられます。専用のサイトから申し込むことができます。

スポンサーリンク

スーパーホーダイ限定割引

楽天モバイルの「スーパーホーダイ」とは低速でも最大1Mbpsの速度で通信することができ、高速通信を使い切っても、ある程度のインターネットサービスを利用できるプランです。1年目が1,980円〜、2年以降が2,980円〜になります。詳しくはこちらの記事を参照ください。

このプランを2年契約、または3年契約すると契約年数に応じた割引が受けられます。

割引額

iPhone+スーパーホーダイ

スーパーホーダイを3年契約し、iPhone SEを選択すると、19,800円という破格の安さでiPhoneを入手することができます。2年契約であれば、iPhone SEは29,800円となります。分割することもできますが、これはカード会社の分割払いとなり、手数料はユーザー負担となります。

端末価格

果たして、おトクなのか?

スーパーホーダイは1年目1,980円という価格で1Mbpsの速度が得られるという意味でたいへん安いプランになりますが、2年目以降2,980円という価格は安いというレベルではありません。このことから3年契約をするということは選択肢に入らないのではないでしょうか。

では、スーパーホーダイを2年契約でiPhoneを入手するとなると、まず整備済みの時点で正規の値段から5,000円程度安くなっています。そして、スーパーホーダイを2年契約すると、さらに10,000円安くなり、合計15,000円の割引となります。

2年契約で、15,000円の割引をどうみるか。スーパーホーダイの1年目は安い、2年目以降はそうでもないことを考えると、魅力的なセットになっていると思われます。しかもAppleの保証が受けられるiPhoneが入手できます。

今ひとつ言い切れないのは、この「最低1Mbps使い放題」というサービスが業界初と言ってよく、他社も追従してくることが大いに考えられます。契約解除料がかなり高く設定されているので、最低1年は使わないと損をします。2年目であれば、契約解除しても損にはなりません。

このように考えると、1年間は使うつもりで、2年目は格安SIM業界の動向によって柔軟に対応することになり、「低速でも1Mbps」という部分に魅力を感じるのであれば、2年契約することで「おトクな」キャンペーンと言えるでしょう。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Sim
-, , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プラン利用イメージ

nuroモバイルが始めた「5時間」プラン。「ギガが減る」時代にどう考えられるか…?

nuroモバイルが新たに打ち出した「5時間」プラン。500MBまで無料の「0SIM」という画期的なプランを提供したものの、その結果としては失敗と言っていいでしょう。そこで新たに打ち出してきた「時間制限 …

data

格安SIMの単独店舗が増加中。わかりにくいと言われるサービスからの脱却ができるか。

格安SIMは大手キャリアから回線を安く借り受け、人件費も削って安く提供するというビジネスモデルが一般的です。しかし、従来の携帯ショップのように相談ができないという不満が増えつつあります(参考記事)。そ …

b-mobile sバナー

「b-mobile s」ソフトバンクiPhone用プランの詳細発表!!

8月16日から提供開始されると発表されていた日本通信の「b-mobile s」。スマホ電話SIMとして、その料金が発表されました。ソフトバンクのiPhoneのまま唯一使える格安SIMということで注目が …

ソフマップ商品説明

中古スマホで白ロムを見分けるには

中古スマホで格安SIMを使いたいというニーズは多いと思います。せっかく格安SIMを使うのだからスマホも中古でいい。その場合には「白ロム」と呼ばれる、通信制限などの問題がないスマホを購入する必要がありま …

スマホ出荷台数が史上初の3,000万台突破。携帯電話の総出荷台数は減少も。

MM総研は「2016年度通期国内携帯電話端末出荷概況」を発表。2016年度通期(2016年4月〜2017年3月)の総出荷台数およびその内訳について明らかにしました。携帯電話端末の総出荷台数は0.3%減 …