格安SIM・格安スマホの速度比較はこれで充分!リアルタイム比較サービス

Sim

格安SIM・格安スマホの速度比較はこれで充分!リアルタイム比較サービス

投稿日: コメント (0)


WebスタートアップのGogashaが格安SIMの通信速度を比較できるWebアプリ「SIMW」を公開しました。格安SIMの速度は、どこが速いのか頻繁に順位が変わります。そのため比較記事を参照するよりも実際に比較できるサービスは有効だと思われます。

スポンサーリンク

格安SIM速度比較「SIMW」のサービス内容

SIMWバナー

現在、「SIMW」は上位6社の通信速度をグラフで比較できる無料Webツールになっています。リアルタイムの速度だけではなく、過去1ヶ月や過去1カ年も選択することができ、長期的に見て安定しているSIMを探すという使い方もできます。

SIMW画面

格安SIMを実際に速度測定したデータ

実際の計測方法

現在は都内1ヶ所(新宿区)で、上位6ブランドの計測数となっています。今後はこのサービスをアプリ化する予定になっているとのこと。SIMWをアプリ化することによって、「日本全国」の「全てのブランド」の「大量のデータ」を元にサービスを拡大する予定です。

格安SIMの速度に対する不安

格安SIMをメイン回線にするにあたって、問題となってくるのが「実行速度」でしょう。FREETELが業界最速をうたい客観的な事実がないことで措置勧告が行われるなど、ユーザーにとっては好ましくない状況。総務省はガイドラインを作成する動きがあるものの未だ解決策はみられません。

そこに登場したこのサービスの意味は大きいでしょう。消費者が「こんなはずではなかった」と落胆する前に、実際の計測結果を知ることができます。これが普及期にある格安SIMにとって、知識が豊富でないユーザーにリーチするのかは不透明なものの、今後の展開次第では便利なサービスになりそうです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Sim
-, ,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

【2017比較】ドコモ系MVNO各社の通信速度は!?

格安SIMサービスを提供しているMVNOは各社とも料金プランや独自性などでアピールを図っていますが、実用性という点ではやはり通信速度、とりわけ実効速度も大きなポイントです。 MVNO各社は、ドコモやK …

Y!mobileが早くも学割の受付を開始!その意図とは?

ソフトバンク株式会社は11月30日、Y!mobileブランドの2017〜2018年冬春モデル新製品と共に「タダ学割」の受付開始について発表しました。 キャリア各社の学割サービスは、年が明けてから受付開 …

caution

格安SIM業界で始まった「端末縛り」目先の料金だけ見るとおトクに見えるが…?

FREETELが始めたスマートコミコミ+月額料金プラン。「VAIO Phone A」という最新機種が選択できる上に、10分かけ放題が無料、1年後に新しい端末に取り替えが無料と、お得感が満載ですが、大き …

data

格安SIMの単独店舗が増加中。わかりにくいと言われるサービスからの脱却ができるか。

格安SIMは大手キャリアから回線を安く借り受け、人件費も削って安く提供するというビジネスモデルが一般的です。しかし、従来の携帯ショップのように相談ができないという不満が増えつつあります(参考記事)。そ …

「LINEモバイル」がソフトバンクと提携!?公平性はどうなる?

LINEモバイルとソフトバンクはMVNO事業において、戦略的提携を進めるということで基本合意しました。提携とは資本提携も含まれ、LINEモバイルはソフトバンクが51%、LINEが49%出資する合弁会社 …