スマホ出荷台数が史上初の3,000万台突破。携帯電話の総出荷台数は減少も。

Sim

スマホ出荷台数が史上初の3,000万台突破。携帯電話の総出荷台数は減少も。

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

MM総研は「2016年度通期国内携帯電話端末出荷概況」を発表。2016年度通期(2016年4月〜2017年3月)の総出荷台数およびその内訳について明らかにしました。携帯電話端末の総出荷台数は0.3%減と5年連続で減少しているものの、スマートフォンの出荷台数が初の3,000万台を突破しました。

スポンサーリンク

スマートフォン総出荷台数

これまでのスマートフォン総出荷台数の最高は2012年の2,972万台でしたが、2016年度は3,013万台となりました。2015年度と比べると3.3%増となっています。SIMロックフリースマートフォンの出荷台数は前年度比63.5%像の282万台となっており、この伸びが全体を押し上げた格好となっています。

総出荷台数シェア

携帯電話端末全体の出荷台数シェアはAppleが大差で1位となっており、1,587万台。5年連続の1位で、シェアは43.5%となっています。2位はソニーモバイルコミュニケーションズの457万台/シェア12.5%、3位はシャープの366万台/シェア10.0%となっています。

SIMフリースマートフォンの出荷台数

SIMフリーシェア

SIMフリースマートフォン出荷台数は総数が282万台となっています。そのシェアは1位がASUSの29.4%と3年連続の1位になっています。2位はHuaweiで16.1%、3位はプラスワン・マーケティングで10.8%となっています。

格安スマホの浸透

SIMロックフリー端末を選ぶということは、格安SIMを選択していると考えていいと思われます。そしてシェア上位をみると、格安スマホを販売しているメーカー。格安スマホを選択して月額料金を抑えるという流れが鮮明になってきました。今後も格安スマホの増加が予想されていて、スマホ全体の出荷台数は微増になるとみられています。

出典:MM総研

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Sim
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

開幕

ソフトバンクのiPhoneで格安SIMが使える!?b-mobileから「開幕SIM」が登場。

今までの格安SIMはドコモ回線かau回線しかありませんでした。そのためSoftbankのiPhoneでは格安SIMの恩恵を受けることができません。しかし、今回初めてb-mobileが「開幕SIM」と題 …

b-mobile-sバナー

ソフトバンク版iPadがb-mobileで再利用できるかも?

大手キャリアの2台目割引などで、iPadを購入したユーザーは多いかもしれません。それが今、格安SIMを使うことで、キャリアのデータ用回線を解約しても安く利用できるようになる。それは、ドコモ版とau版だ …

am

今なら「LINEモバイル」か?実行速度の測定結果から格安SIMを分析。

格安SIMはかなりの事業者が参入しており、何を基準に選べばいいのかわからない状態。大手キャリアの電波を使っているため「最大150Mbps」とは書かれていますが、そんなに出ないことはわかっている話。どれ …

端末代金

とうとう「キャッシュバック」に手を出したFREETEL。2万円の代わりに端末を「倍の」価格で買わせる暴挙。

格安SIM「FREETEL」がキャッシュバックキャンペーンを始めていました。これは、大手キャリアの時代に「正当な競争を阻害する」と総務省から是正勧告を受けた販売方法です。これを前面に出して販売する暴走 …

FREETEL

ユーザーにわからないように制限される可能性。「カウントフリープラン」に潜む危険性とは?

先日お伝えした、FREETELの実質「縛り」契約について、一部ユーザーからの指摘があり、各メディアがその問題点を指摘し始めました。今回は、今さまざまな格安SIM会社が導入している「カウントフリープラン …