ソフトバンク版iPadがb-mobileで再利用できるかも?

Sim

ソフトバンク版iPadがb-mobileで再利用できるかも?

投稿日: コメント (0)


b-mobile-sバナー

大手キャリアの2台目割引などで、iPadを購入したユーザーは多いかもしれません。それが今、格安SIMを使うことで、キャリアのデータ用回線を解約しても安く利用できるようになる。それは、ドコモ版とau版だけの話でした。しかし、b-mobileを使えば話は変わります。

スポンサーリンク

日本通信「b-mobile s」

これまで格安SIMのほとんどはドコモ回線を使ったもの、そしてau回線のものは選択肢が少ないものの存在しています。これに加えて、ソフトバンク回線を使った格安SIM「b-mobile s」が2017年3月に登場しました。

「b-mobile s」は今のところデータ通信用しかありません。したがって、使うとなるとiPadになります。ソフトバンク版iPadで格安SIMが使えるのです。ソフトバンクの回線を解約してしまって、Wi-Fiだけで使っていたiPadも、本来のモバイル用途として使えるでしょう。

「b-mobile s」のおすすめプラン

この格安SIMは月額基本料金880円で1GBのプランがあります。筆者もiPadを所有していますが、案外、iPadを持ち出すことはありません。たいていのことはiPhoneで出来ますし、外出先の打ち合わせで使う程度です。クラウドにある資料をみる程度であれば1GBで充分でしょう。

新登場のプリペイドプラン

2017年7月から「b-mobile s」で、プリペイドプランが提供開始されました。1GB/15日間で980円、7GB/25日間で2,980円です。例えば、国内旅行に出かける際、ソフトバンク版iPadでこのプリペイド格安SIMを使えば、メインスマホの容量節約にもなる。そんな利用シーンが考えられます。

音声付きSIMの予定も

日本通信では8月16日から「音声通話付きSIM」の提供開始も予定されています。iPad購入と同時にiPhoneもソフトバンクから買っていた場合、両方とも格安SIMにできる環境が整うことになります。

-Sim -, , ,

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加