DIGNO

UQ mobileから格安SIM+ガラホ=1,980円。シニア世代へ格安SIM提案としてどうか。

格安SIMがだんだんと浸透してきていますが、今はまだスマートフォンで利用することがほとんどです。そこにUQ mobile初のガラホとして「DIGNO Phone」が発売されました。シニア世代の格安SIMとして活用できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

「DIGNO Phone」のスペック

DIGNO

出典:bassap

3.4インチフルワイドVGA(854×480)液晶にSnapdragon 210、800万画素カメラを備えています。見た目は普通の「ガラケー」です。これであればシニア世代も違和感なく使えると思われます。Wi-fiにも対応し、携帯を閉じた状態では自動通信しないようになるなど、パケット通信の節約も考えられています。

耐衝撃・防水・防塵性能、赤外線、おサイフケータイ、ワンセグを搭載していて、ガラケーと同等の日本仕様となっています。画面が直接震えることでスピーカーとなる「スマートソニックレシーバー」を採用しており、通話がしやすいことも魅力でしょう。

使い勝手と料金は?

実際に動作する様子はこの動画でみられます。

ガラケーの作法というべきか、ガラケーを操作する感覚そのもので使うことができるため、移行してもすぐに慣れることができるでしょう。

価格は以下のようになっています。

badget

出典:bassap

新規契約した場合の月額料金は1,980円。この料金で5分間通話定額、2Gデータ通信、本体代金が含まれています。3年目以降は2,980円。300kbpsでの通信へ切り替える「節約モード」がありますが、シニア世代の場合はそこまでデータ通信をしないのではないでしょうか。しかし、ちゃんとあることは評価できるでしょう。

格安SIMの一般化

「格安SIMを使いたいが、携帯はガラケーのままがいい」という需要はまだ顕在化していません。ある調査でガラケー利用者の平均月額料金は3,071円で、1,000円程度の節約にとどまるからです。しかし、スマートフォン用のホームページやLINEを使えるというメリットは、今後ニーズが出てくると思われます。

ドコモのガラホでもこの程度の金額は実現できます。ただし、データ通信を全く使わない場合で、この金額です。データ通信を使うほど料金は上がり、138MBで6,000円程度に達します。138MB以下というのはちょっと現実的ではありません。今回のようにガラホの選択肢が増えるのは歓迎したいですね。

参考URL:bassap

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー