盲目の少年が初めて家族の姿を見た時「僕には大きな鼻があるよ!」

激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Technology

盲目の少年が初めて家族の姿を見た時「僕には大きな鼻があるよ!」

投稿日:

カナダ・セルカークにベニーというひとりの少年がいました。先天性黒内症と呼ばれる非常に珍しい病気で、シルエット以外のものは見えません。しかし彼は「eSight Glass」というプロダクトで初めて家族の姿を見ることができました。

スポンサーリンク

eSight Glass

eSight Glass
eSight Glass」はハイスピードで高詳細なカメラを持ち、増強された映像をで両目に映すことができます。ユーザーは今までに見たことのないようなクリアで遅延のないフルカラーの目を持てるようになります。

様々な弱視に対応できるようeSight Glassのアルゴリズムはカスタマイズできるようになっています。また盲目の人でも使えるよう、バーチャルな白杖機能やテキスト読み上げの機能も備えていて、今までのレガシーな、物理的な方法でのサポートを全て置き換えるよう考えられたゴーグルです。

初めて見る家族の姿

しかし、「eSight Glass」は1万5,000ドル(約165万円)と非常に高価です。ベニー君の家族はこれを数ヶ月かけて募金を集め、eSight Glassを開発しているトロントの会社を訪れました。そしてベニー君に合わせたカスタマイズが行われます。

ベニー君の母親、ジェナさんはその時のことをこう語ります。

彼がメガネをかけたとき、第一声は「うわー」というものでした。それを聞いて「見る」ことができたのだとわかりました。

ベニー君は大きなカメラを顔につけていて、ちゃんと見えていることを自ら説明しました。
ジェナさんが涙ぐんでいると、ベニー君はこう声をかけます。

ぼくには大きな鼻があるよ!

それを聞いたジェナさんは笑います。開発チームのメンバーは「鼻はみんなあるわよ」と。その場の雰囲気は楽しいものに変わりました。これは米CBCのニュースにもなり、広く知られることになります。

障害者とテクノロジー

Mobagateではこれまでにもいくつか、障害者の問題を解決するテクノロジーを紹介してきました。AIなどを使ったテキスト翻訳や、誤差数センチの精度でナビゲーションをする研究パーキンソン病の手の震えを改善するデバイスなどです。

これからもこのような製品の開発は進んでいくでしょう。テクノロジーが障害者の生活を改善する。そんなバリアフリーは歓迎すべき未来ですし、テクノロジーの進化でもっと安価に実現されることを願います。

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

miru-touch

SXSW賞でファイナリスト!紙製なのにタッチ操作できるVRゴーグル「みるボックス タッチ」

Google Cardboardなど段ボール製の簡易VRゴーグルは以前よりありましたが、この「みるボックス タッチ」はゴーグルのサイドをタッチ操作できるのが最大の特徴。オリジナルコンテンツやGoogl …

トロッコ問題図説

人間はパソコンを使っている時と、スマホの時では判断が変わるという研究結果。

英シティ大学は「デジタル世代の意思決定」についての研究を行い、スマートフォン利用時には論理的な判断を下す傾向があるとの研究結果を発表しました。研究はよく用いられる「トロッコ問題」で道徳に関するジレンマ …

小さいは正義!子供用コンピュータ「IchigoDake」がお父さんも楽しめそう!

子供たちにプログラミングを学んでもらうおうという「プログラミング・クラブ・ネットワーク」は、キーホルダー程度の大きさのコンピュータ「IchigoDake」をレギュラー商品として販売開始しました。面白い …

「VR酔い」をしにくい移動方法をGoogleが研究中。その方法を紹介。

目の前が「VR(仮想現実)」でおおわれている状態で、コントローラーなどの移動を行うと、視覚から入ってくる情報と身体感覚の情報がズレて「VR酔い」が発生することがあります。そんなVR酔いをしないような方 …

cat tracking

なぜって?そこに猫がいるから!VR世界に現実世界の猫を出現させたプロジェクト。

先日、VR機器「HTC Vive」の新製品として、「Vive Tracker」が発表されました。これは現実世界にあるものをVR画面に再現するトラッカーなのですが、このプロダクトを使ってVR世界に現実世 …