iPhoneは直射日光にさらされると…溶ける!?

Technology

iPhoneは直射日光にさらされると…溶ける!?

投稿日:

iPhoneなどのスマートフォンには温度が異常に上昇するとシャットダウンされる機能がついています。プロセッサやバッテリーの故障を防ぐためです。通常、使用しているとシャットダウンで済みますが、直射日光に1時間さらされてiPhoneが「溶けてしまった」事例があります。

スポンサーリンク

それはランチの間に

イギリスのコーンウォールでのことです。ある女性が散歩に出かけました。そして、レストランのテラスでランチをとることに。カバンを椅子におき、その上に自分のiPhoneをのせておきました。そして1時間ほどして食べ終わったあと、自分のiPhoneをみると動かなくなっていたのです。

彼女はウェイドブリッジでiPhoneを修理しているデイブさんのところへ修理を依頼。デイブさんがiPhoneを分解してみると、スクリーンコネクタやカメラが溶けていることがわかりました。これがその時の画像です。

溶けたiPhone

デイブさんは「これほどのダメージはみたことがない。はっきり言って完全に壊れていた。」と語っています。

直射日光でどの程度熱くなるのか

コーンウォール・ライブ社の記者が、昼間の屋外にiPhoneを置いてみるテストをしてみました。するとわずか15分ほどで、高熱のアラートが表示されiPhoneはシャットダウンされました。

加熱テスト結果

日本でも起きるのか

コーンウォールはイギリスのしかも北の地域ですので、夏の最高気温が20℃程度。日本に比べるとかなり涼しい地域です。そこでさえ、直射日光であればiPhoneが「溶けて」しまうのです。日本でももちろんあり得るでしょう。

機種に関わらず、これからの時期に屋外へスマートフォンを持ち出す際には、カバンの中や最低でもポケットの中に入れておくべきだと言えそうです。

参考URL:cornwalllive.com

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

3Dマイクロスポンジ

現行リチウムイオンバッテリーを代替できる「ニッケル3D亜鉛充電池」が実用化レベルに。

現在、ほとんどのモバイル製品に使われているリチウムイオンバッテリー。しかし、このバッテリーは空気に触れると爆発するという危険なバッテリーでもあります。その危険性を回避し、同等の性能を発揮できるという「 …

smart-smart

ソニーの新特許が判明。スマホ同士でバッテリーをシェアできる?

ソニーの「NFC」技術は現在多くの分野で活用されています。Suicaやおサイフケータイなどが有名ですね。そのNFC技術を拡張して、スマートフォンでスマートフォンを充電する。バッテリーを分けてあげられる …

Windows10コンセプト

ARM版Windows10がサクサク動くデモ公開。何それ?おもしろいの?

フルスペックのARM版Windows10の仕組みと実機デモがアメリカ・シアトルで開催中の開発者会議「Build 2017」で公開されました。筆者としては、なかなかおもしろいことになりそうだとワクワクし …

flipcast

電池交換不要なIotデバイス「FlipCast」オン・オフを通知するだけの単機能に可能性を感じる。

太陽光発電で電池交換が不要な「FlipCast」。本体をひっくり返してオンとオフを通知するだけのデバイスになっています。ネットに接続することができるIoTデバイスですが、その構造の単純さからは活用方法 …

DC

スマートフォンのタッチ動作がおかしい…。あまりにも意外な原因に驚いた実体験。

筆者は先日、気づいたのです。iPhoneの動きがどうもおかしい。タッチ操作が不安定。というよりもタッチしていないところが反応したり、スクロールがまともにできなかったり…。そうかと思うと、全く普通に動作 …