誤差「数センチ」の日本版GPSでどのような未来に?スマートフォンにも来る??

Technology

誤差「数センチ」の日本版GPSでどのような未来に?スマートフォンにも来る??

投稿日:

スマートフォンでは基本機能と言っていいGPS。しかし、その誤差は10m程度のこともあります。その誤差を数センチまで縮小する日本版GPS「みちびき」が打ち上げられました。果たしてどのような未来になるのか、想定されていることをお伝えします。

スポンサーリンク

無人でトラクターが働く!

トラクターの協働

出典:NHK

北海道大学の農学研究室では、「みちびき」の誤差が数センチであることを利用して、無人でトラクターを自走させる研究が行われています。デモンストレーションでは仮の受信データを送信し、誤差数センチであることを利用して、自走だけでなく3台が協働して耕す姿を実現しました。

農業での人手不足は深刻な課題になっていますが、大規模な農場での効率化が実現できると期待されています。

視覚障害者を支援するナビ

Googleマップ

出典:NHK

現在もGoogleマップのナビを利用しているユーザーは多いと思われます。しかし、その誤差も実感しているのではないでしょうか。起動すると、道から外れた場所に表示され、少し歩くと道を歩いてると認識されて補正されていきます。

この誤差が数センチになるということは、視覚障害者のナビに利用できるかもしれない。新潟大学ではそのような研究がなされています。視覚障害者は白杖を頼りに障害物を避けますが、あらかじめわかっている障害物であれば「障害物があります」とアナウンスされるように開発されています。

また交差点で曲がる際にも「ピンポイントで」曲がるタイミングを教えてくれます。視覚障害者は白杖があるといっても自由に外出できないのが現状。このような活用は歓迎したいところです。

スマートフォンに搭載される??

この日本版GPSは早ければ来年春にも実用化されます。スマートフォンでも使えるようになるのか?そうなると、まだまだ先になると言わざるを得ないでしょう。日本版GPS用の受信機が必要になります。スマートフォンに搭載するためには海外のチップセット開発メーカーに実装してもらわないといけません。日本だけのために開発費を投入することは考えにくいでしょう。

逆に言えば、日本のメーカーにがんばって欲しいところです。「ガラケー」と言われるまでに携帯を発展させた日本メーカーが「ガラパゴススマホ」を開発する。そうすれば、視覚障害者の活用例のようなスマートフォンや、日本独自のアプリが出てくることにも期待できそうです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SenSprout

IoT農業用センサー「SenSprout」。家庭用をクラウドファンディングで成功させ、プロ用のサービスをリリース。

SenSproutは農業の分野にIoTを導入し、クラウドサービスから勘や経験に頼らない農業のソリューションを提供しようというスタートアップ企業。土壌センサー「SenSprout」をクラウドファンディン …

Electified Xの外観

電動アシストに見えないロードバイク「Electrified X」が、盗難対策まですごい!

斬新なデザインで注目を浴びているオランダの自転車ブランドVanMoofが日本向けにカスタマイズされた電動アシストロードバイク「Electrified X」を発表しました。洗練されたデザインも素晴らしい …

japan

世界のネット接続、AndroidがWindowsを抜きトップに。日本はどうなってる?

StatCounterは2017年4月時点でのインターネット接続に使われるOSの調査結果を発表しました。Googleの「Android」が初めてMicrosoftの「Windows」を抜き、トップにな …

手にAR(拡張現実)を。新コンセプトのスマートウォッチ「WatchThru」に期待。

2013年に発売された「Google Glass」。メガネに情報を投影することでスマートフォンなどの端末をみることなく情報が確認できるという製品で一時注目を浴びました。しかし、その無骨さからいまひとつ …

LINK

実はあまりVRが売れていない日本…動き回れるモバイルVR端末「LINK」は受け入れられるか?

HTC NIPPONは新たなVR端末「LINK」を発表しました。VR空間内を動けるVRヘッドセットになっていますが、スマートフォンでこれを実現するため注目が集まっています。しかし、日本ではこのようなV …