充電のいらないスマートウォッチ登場!室内光でも充電!

Technology

充電のいらないスマートウォッチ登場!室内光でも充電!

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

なかなか普及していないスマートウォッチですが、「Apple Watch Series 3」は人気のようです。時計だけで通話できるところがポイント。しかし、通信機器ですので充電は必要です。iPhoneとApple Watchを毎日充電……。そこへ充電のいらないスマートウォッチが登場しました。

スポンサーリンク

「LunaR」ソーラースマートウォッチ

LunaR

現在Kickstarterで出資を募集しているスマートウォッチ「LunaR」。50,000ドルの募集に対して、330,000ドル以上の出資が集まる人気です。ポイントは、太陽光だけでなく室内の光でも充電できること。現在「169ドル(約18,590円」です。

スマホの通知に加え、アクティビティトラッカー、睡眠のトラッキング、防水、これら基本的なスマートウォッチの機能に加えて、ソーラーパネルでの充電。そして、この値段は魅力的でしょう。そもそも寝る時に充電していたのでは、睡眠のトラッキングができません。機能性も高いと言えます。

デザインにも好感

通知

Apple Watchもいいのですが、いかにも「スマートウォッチをつけています」という見た目が、個人的には気になります。この「LunaR」は通知は文字盤が光るだけというミニマムなデザインも魅力。時計としてみてもいい感じの「LunaR」検討してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Desktopographyの操作画面

iPhone登場から10年。次の10年でiPhoneをなくす技術。

今年はiPhoneがリリースされてから10年目の年です。手のひらにスーパーコンピューターほどの性能を持ったスマートフォンがある現在。しかし、次の10年はどうでしょうか。自らスマートと名乗るこの板が残っ …

PI

スマートフォンをノートPCにする「Mirabook」。発想としては新しくないが、その特徴は?

スマートフォンをノートPCとして使いたい。そう思うユーザーは多いでしょう。この「Mirabook」もそのような製品です。INDIEGOGOで出資を募集していて、140%の資金を獲得。製品化されることは …

脳波インターフェイス

脳で考えるだけで操作できるAR/VR向けインターフェイス登場!

電脳化の時代が…!?これまでAR/VRの世界では、モーションキャプチャや視線トラッキング、自然言語処理などのインターフェイスが開発されてきましたが、とうとう操作を脳波で行うデバイスが登場しました。 V …

starbucks

Starbucksがモバイルオーダーのテストを本社内でテスト中。日本への展開は?

日本でも既に提供されているスターバックスの公式アプリ。しかし、このアプリの目的は「モバイルオーダー&ペイ」を実現するためのものでした。2016年内にはモバイルオーダーの開始が予定されていましたが、まだ …

空間認識

日本でドローンを使うならHoloLensが最適かもしれない

VRとドローンを組み合わせて、まるでドローンに搭乗したかのような操作ができます。もしかしたら、広い場所でこのような楽しみ方をしているユーザーを見たことがあるかもしれません。しかし、この方法、日本では航 …