これはMRではないのか?体験の境界をまたぐARヘッドセット

Technology

これはMRではないのか?体験の境界をまたぐARヘッドセット

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

iOS11の「ARKit」で一気に注目を浴びるようになった「AR(拡張現実)」。Googleも対抗する技術として「ARCore」を発表しています。一方のマイクロソフトは「Windows MR」として、「MR(複合現実)」に力を入れています。この境界をまたぐようなヘッドセットが登場しました。

スポンサーリンク

Miraのヘッドセット「Prism」

Prism

Miraが開発者向けに発送を開始している、ハンズフリーARヘッドセット「Prism」。かなりシンプルな構造になっていて、ヘッドセット上部に固定したスマートフォンの画面をゴーグルに映し出すヘッドセットになっています。

アップルの「ARkit」の発表でARが注目されるようになり、「消費者向けのARの世界が開けた」と、投資会社から150万ドルの出資を集めました。そして9月19日にSDK(開発者向けソフトウェア)をリリースし、実際にアプリを制作できる環境が整いました。

どのような体験ができるのか。「Prism」のデモ動画をご覧ください。

目の前の現実にARの物体が表示される様子は、複合現実であるMRの体験と言っていいのではないでしょうか。

仕組みと価格が最大の特徴

ヘッドセットにスマートフォンを固定するだけの簡単な構成になっているため、Windows MRのゴーグルが3〜4万円であるのに対し、Prismは99ドル、1万円程度とかなり安価です。既に予約注文が始まっていて、対応はiPhone 6/6s/7/8となっています。

ARKitの仕組みを使うわけではなく、Prism用の開発ソフトウェアを使うため、これが受け入れられるかどうかは、アプリ開発会社に依存する部分が大きくなっています。楽しめるアプリがなければ、Prismを購入する動機がありません。

しかし、未来的な体験をとても安価な環境で経験できます。投資会社からの出資が予定枠を超えるほどの注目を浴びたことを納得できる製品でしょう。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-, , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホの基盤

話題になっているけど今さら聞けない「RAM」と「ROM」って??

こちらでもスペックの紹介にRAMが3GBなどと、メモリの量をお伝えしています。最近のパソコンには32GBのRAMが搭載されることもあり、一方のスマホには32GBのROMが搭載されたりしています。その区 …

Visor

DELLのWindows MRゴーグルとコントローラーの予約開始!

DELLのWindows MRヘッドセット「Dell Visor with Controllers」の国内先行予約が始まりました。価格は49,500円。Amazonや家電量販店で予約ができます。 Wi …

車載HUDの使用画面

499ドルの車載HUD(ヘッドアップディスプレイ)が便利。けれど、これで充分ではないですか?

「Navdy」という車載HUDが便利とのこと。HUDとは車のフロントガラスに時速やナビを表示することによって、視線移動を少なくしたまま情報を見ることができるというもの。しかし、499ドル?上海問屋なら …

smart-smart

ソニーの新特許が判明。スマホ同士でバッテリーをシェアできる?

ソニーの「NFC」技術は現在多くの分野で活用されています。Suicaやおサイフケータイなどが有名ですね。そのNFC技術を拡張して、スマートフォンでスマートフォンを充電する。バッテリーを分けてあげられる …

ARサングラス

これぞARサングラス!Vuzixが「Blade 3000シリーズ」を公開

メガネ型ウェアブル機器と言えば、「Google Glass」を思い起こしますが、一般消費者には受け入れられませんでした。いかにもウェラブルデバイスという見た目が問題だったのではないでしょうか。今回公開 …