Qualcommのディスプレイ指紋認証センサーは絶対便利!

上海で開催されたモバイル関連展示会MWCで、QualcommはVivoのスマートフォンに搭載されたディスプレイ埋め込み型指紋認証センサーを発表しました。次期「iPhone 8」には同様のセンサーが搭載されると期待されていますが、Appleより先に製品として発表しました。

スポンサーリンク

ディスプレイ指紋認証の仕組み

Qualcommが発表した有機ELディスプレイに指紋センサーを埋め込む技術は「超音波」を利用しています。厚さ1.2mmまでのディスプレイに対応しています。Vivoのデモ機に搭載された指紋センサーの様子を米EngadgetがGIFアニメで紹介しています。

指紋認証の様子

水中でも動作する指紋認証

あまりないと思われる状況ではありますが、超音波方式を利用しているため、水中でも指紋認証ができます。ここに注目するよりも便利である理由があります。それは「汗ばんだ手でも指紋認証できる」ということです。

筆者は夏になってくると屋外でiPhoneの指紋認証が汗で感知してくれず、やむなくパスコードを入力する場面が多くあります。このセンサーであれば、そういうことがなくなるでしょう。みなさんもその経験があるのではないでしょうか。

製品となるのはもう少し先

この指紋認証センサーは2017年第4四半期にサンプル品が出荷される予定とのこと、実際にユーザーが使えるようになるのはその先の話になります。そこで気になってくるのは次期「iPhone 8」のディスプレイ指紋認証です。現在、AppleとQualcommの間で係争があるため、この認証方式が使えるのかは不透明です。

しかし将来、この指紋認証方式が定番になってくると、筆者も悲しい思いをしなくて済みそうです。

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー