VRを使ってADHDかどうか診断できる!!高校生が作ったVRシステムに注目。

Technology

VRを使ってADHDかどうか診断できる!!高校生が作ったVRシステムに注目。

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

Disrupt NY 2017において高校2年生3人からなるチームで作られた「reVIVE」。ADHD(注意欠陥・多動性障害)をVRで診断するシステムです。通常6〜9ヶ月かかる診断を簡単にする方法を見つけたいという思いから作られました。

スポンサーリンク

「reVIVE」でのADHD診断

reVIVEの使用中画像

このシステムは、利用者の運動能力、集中力、反応時間を測定する3種類のテストからできています。利用者は迷路を進んだり、決められた場所で静止したり、物体に触れたり、単純な作業をシステムの指示に従って実行します。

その結果は開発されたスコアリングシステムによって測定されます。そして、医療専門家が最終的にADHDかどうか診断をします。テスト結果からADHDかどうか判断するのには数分で済み、その症状の特徴までわかります。

開発した動機

開発したのはアクシャー・デニッシュさん、ソミア・パタパティさん、アミューラ・バラクシアンさんの高校2年生3人。この3人はこのイベントで初めて出会い、ハッカソン(指定時間内での開発)でこのシステムを開発しました。ディニッシュさんはこう語ります。

ADHDの診断を数値化したいと強く思っていました。360度環境に没入することで、患者は実際にそこにいるような環境を体験できます。

このシステムはADHDかどうかを判断するものではありません。あくまでも数値化するだけで、診断は医師の手に委ねられます。

医学におけるVRの可能性

医学において、その診断と治療はバーチャルリアリティの応用分野として有用であるとみられています。例えば、富士通ではVRを利用した画像解析による手術支援システムを開発しています。

ADHDは注意欠陥と多動という比較的わかりやすい症状があります。あるものに集中すると他のものを見落としたり、ひとつの場所にじっとしていられなかったりします。その部分に焦点を当てて、VRでの診断サポートにまで落とし込んだこのアイデアは素晴らしいと言えるでしょう。

参考URL:TechCrunch

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

  1. […] VRを使ってADHDかどうか診断できる!!高校生が作ったVRシステムに注目。 飲食店でタバコを吸う喫煙者は、器物破損で現行犯逮捕すべき – […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ARサングラス

これぞARサングラス!Vuzixが「Blade 3000シリーズ」を公開

メガネ型ウェアブル機器と言えば、「Google Glass」を思い起こしますが、一般消費者には受け入れられませんでした。いかにもウェラブルデバイスという見た目が問題だったのではないでしょうか。今回公開 …

data2

中学生の過半数、高校生の9割がスマホ。保護者の考えとのギャップが明らかに。

明光ネットワークジャパンは「明光義塾」で保護者へ子供のスマートフォン所持について調査を実施しました。593名からの有効回答で、スマートフォン所持の実態を報告しています。その結果、保護者の考えと実際に持 …

デモ画像2

「VRの世界」を「ARで外から」のぞき見ると?

一気に盛り上がりをみせてきたVR/AR分野。VRは一人称視点で、ゴーグルをかけた人にしか見えません。それをAppleのARkitを使って、VR利用者が何をみているのか、外部からみるという使い方が提案さ …

商品画像

モバイルバッテリー搭載の自転車・バイク用スマホマウント。ロングツーリングでも心配なし!

自転車に乗っている人にはお馴染みのブランド「ドッペルギャンガー」から、モバイルバッテリーを搭載したスマートフォンマウンタが発売されました。バッテリー自体も取り外し可能で通常のモバイルバッテリーとしても …

スマホ家電コントローラ

今ある家電にIoTを。「スマート家電コントローラ」

IoT(モノのインターネット)の時代と言われていますが、なかなか対応製品へ取り替えるのには時間のかかるもの。今使っている家電を捨てるわけにはいかないからです。今使っている家電をIoT対応にするラトック …