脳波インターフェイス

脳で考えるだけで操作できるAR/VR向けインターフェイス登場!

電脳化の時代が…!?これまでAR/VRの世界では、モーションキャプチャや視線トラッキング、自然言語処理などのインターフェイスが開発されてきましたが、とうとう操作を脳波で行うデバイスが登場しました。

スポンサーリンク

「HTC Vine」向けインターフェイス

脳波インターフェイス

Neurableが発表したのは「HTC Vine」向けに開発された脳波インターフェイス。Vineのヘッドストラップを交換することで、脳波センサーを装着できます。また、それを実際にVRゲームなどで利用できる開発ソフトウェア(SDK)が提供されています。

メニュー操作

このインターフェイスでは、義手や義足を操作できるだけでなく、スクロールメニュー、アイテムの選択、アプリケーションの起動、オブジェクトの操作、テキスト入力、これらの操作を脳波だけで実現できまます。

既にこれを使ったゲーム「Awakening」が披露されていて、政府の科学研究室の囚人であるプレイヤーが遠隔操作の力を持っており、研究所から脱出するために力を使って、研究所の警備ロボットを倒すという体験がプレイできる段階です。これは全て脳波だけでプレイできます。

脳波の機械学習プラットフォーム

脳波によるコントロールはNeurable独自の機械学習プラットフォームを使って脳波をリアルタイムで解釈することによって実現されています。またそれをメジャーなゲームエンジン「Unity」と互換性のある開発ソフトウェア(SDK)として提供することで、開発者はこのインターフェイスを比較的容易に導入できるようになっています。

この脳波インターフェイス及び開発ソフトウェア(SDK)は、脳波インターフェイスがどこまでの可能性を持っているのか実証するために、ゲームという分野を使っています。ゆくゆくは教育や医療などに発展していくため、より複雑なタスクを処理できるよう開発が進められていくようです。

脳波でコントロールする技術

脳波を検出し、ゲームなどのコントロールに利用するというアイデア自体は新しいものではなく、この記事で紹介したように既に実現されている技術でもあります。また、手に麻痺がある入院患者の「仮想義手」とも呼べるような研究も進められています。

今回のこのNeurableのソリューションの素晴らしいところは、その技術を一般的な開発者が利用できるようにしたところにあるでしょう。研究段階から一歩進んで、開発できる環境になったわけです。これを一般ゲーマーがすぐ使えるようになるとは言えませんが、もうそこまで迫っているとはいえるでしょう。

参考URL:Neurable

基本料金1,333円引きで工事代金は無料
さらに最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー