VRコックピット!第3世代の人間型ロボット

Technology

VRコックピット!第3世代の人間型ロボット

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

トヨタ自動車株式会社は、HTC Viveを使ったVRシステムで、遠隔操作を可能とした第3世代の人間型ロボットを発表しました。操縦席はアニメで見るようなコックピットになっており、未来の到来を感じさせます。

スポンサーリンク

ヒューマノイドロボット「T-HR3」

T-HR3

これがトヨタの発表した「T-HR3」です。マスター操縦システムと呼ばれるコックピットに人が座り、手の動きと足の動きをロボットに伝えることができます。この操縦システムにはロボットが感じた負荷がフィードバックされ、よりリアルな操縦を可能にしています。

ロボットは29箇所の関節にトルクサーボモジュールが配置されていて、しなやかな動きを実現します。周囲の物などに接触してもバランスを維持できる全身協調バランス制御を実現していて、自立的な安定性もあります。動画の冒頭だけでもご覧ください。驚くべき動きが可能になっています。

HTC Viveを利用した遠隔操作

VRゴーグルを利用して、ロボットに搭載されたステレオカメラのイメージが操縦者に贈られます。自分がロボットになったような感覚なのか、ロボットに乗り込んだような感覚なのか、その仮想現実(VR)の感覚に興味をそそられます。

この「T-HR3」は主に関節のトルクサーボシステムの評価機として作られました。この柔軟な動きが実現できるシステムは今後、家庭や医療機関だけでなく、災害地や建設作業、宇宙などで活躍するロボットに応用されていく予定です。ロボットが働く時代はもう目の前のようです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Snapdragonイメージ画像

格安スマホでよく聞く「Snapdragon」とは?

格安スマホでスペックを見ると、「Snapdragon 430」などの表記があります。CPUなのでしょうか。実はCPUではなく、グラフィック表示や通信機能など複数の機能を統合した「SoC(System- …

次世代通信「5G」の実用例を紹介。エリクソンが遠隔運転や遠隔手術など。

現在、ほとんどの方が使っている通信は「4G-LTE」ですね。3年後にはその次世代のモバイル通信規格「5G(5th Generation)」通信が開始されます。より高速に、より低遅延に。いったいどのよう …

ARサングラス

これぞARサングラス!Vuzixが「Blade 3000シリーズ」を公開

メガネ型ウェアブル機器と言えば、「Google Glass」を思い起こしますが、一般消費者には受け入れられませんでした。いかにもウェラブルデバイスという見た目が問題だったのではないでしょうか。今回公開 …

data1

スマートフォンで音楽を聴く10代は約6割。定額音楽配信の利用は9.1%だが…

MMD研究所は「2017年3月スマートフォンでの音楽視聴に関する調査」結果を発表しました。スマートフォンでの音楽視聴は10代の約6割が毎日聴いている。また定額音楽配信サービスの利用は9.1%で、201 …

日本上陸した「Kickstarter」の今をみてみる

2017年9月17日クラウドファンディングの先駆け「Kickstarter」が日本版のKickstarterを正式に開始したと発表しました。URLは「https://www.kickstarter.c …