将来のケータイはバッテリー不要?バッテリーレスで通話できる携帯電話。

Technology

将来のケータイはバッテリー不要?バッテリーレスで通話できる携帯電話。

投稿日: コメント (0)


ワシントン大学の研究所はバッテリーが不要な携帯電話の開発に成功しました。充電器もコードも必要なく、バッテリーの代わりに周囲の微弱な無線信号や光を電源として動作します。

スポンサーリンク

試作品の動作に成功

バッテリーレス携帯

市販の基盤や部品などで作られたプロトタイプは、電池なしで基地局とつながり、Skypeを使った通話に成功しています。この技術は7月1日にモバイルやウェラブル機器の協会で論文として発表されていました。実際に動作する様子は動画でみることができます。

動作の仕組み

プロトタイプは3.5マイクロワットで動作します。周囲の電波と米粒ほどの大きさの太陽電池から得られる電力は1〜10マイクロワットというレベルのため、電力はほとんど使えません。この3.5マイクロワットの電力を使って、声はラジオ電波に変換され、15メートル離れた基地局へラジオ電波を送信します。

基地局はそのラジオ電波をSkype通話に変換して実際に電話をかけることになります。受信はこの逆の動作。プロトタイプではボタンによって、送信と受信を切り替え、トランシーバーのような使い方がされています。

この先、研究チームでは動作範囲の拡大と会話の暗号化に焦点を当てる予定とのこと。また、バッテリーレスでビデオのストリーミングを受け、E-inkスクリーンに映像を表示するプロジェクトも進行中です。

ウェラブルであること

将来、情報機器を身につけるウェラブルなものになった場合、今のiPhoneのように全ての機能が一枚の板に入っている必要はないかもしれません。音声は紹介したような技術を使って基地局やWi-Fi機器に送信され、機器の方で通話として変換される時代になれば、バッテリー残量に悩まされずに済むでしょう。

これからこのような開発はどんどん進んでいくものと思われます。将来のケータイがどんな姿になるのか、メールや動画はどうなるのか。時代はもうSFの世界に入っているのかもしれません。

参考URL:ワシントン大学

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Technology
-,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

data1

スマートフォンで音楽を聴く10代は約6割。定額音楽配信の利用は9.1%だが…

MMD研究所は「2017年3月スマートフォンでの音楽視聴に関する調査」結果を発表しました。スマートフォンでの音楽視聴は10代の約6割が毎日聴いている。また定額音楽配信サービスの利用は9.1%で、201 …

サムソンのスマートフォン

背面をガラスにしてでも、ワイヤレス充電は必要?

アメリカのニュースサイトで興味深いアンケートをとっていました。直訳すると「ワイヤレス充電がなくなったとしても、背面ガラスを取り除きたいですか?」。つまり、ワイヤレス充電なしにしてでも、背面のガラスはや …

iosandroid

スマートフォンの外部スクリーン。スマホを独自技術でタブレットにする「Superscreen」

iPhoneとiPadの二台持ち。外ではiPhone、家ではiPadで便利なのですが、両方を維持していくのは少したいへん。第4世代iPadがiOS11を使えない可能性があります。Androidタブレッ …

flipcast

電池交換不要なIotデバイス「FlipCast」オン・オフを通知するだけの単機能に可能性を感じる。

太陽光発電で電池交換が不要な「FlipCast」。本体をひっくり返してオンとオフを通知するだけのデバイスになっています。ネットに接続することができるIoTデバイスですが、その構造の単純さからは活用方法 …

Googleマップ

誤差「数センチ」の日本版GPSでどのような未来に?スマートフォンにも来る??

スマートフォンでは基本機能と言っていいGPS。しかし、その誤差は10m程度のこともあります。その誤差を数センチまで縮小する日本版GPS「みちびき」が打ち上げられました。果たしてどのような未来になるのか …