将来のケータイはバッテリー不要?バッテリーレスで通話できる携帯電話。

Technology

将来のケータイはバッテリー不要?バッテリーレスで通話できる携帯電話。

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

ワシントン大学の研究所はバッテリーが不要な携帯電話の開発に成功しました。充電器もコードも必要なく、バッテリーの代わりに周囲の微弱な無線信号や光を電源として動作します。

スポンサーリンク

試作品の動作に成功

バッテリーレス携帯

市販の基盤や部品などで作られたプロトタイプは、電池なしで基地局とつながり、Skypeを使った通話に成功しています。この技術は7月1日にモバイルやウェラブル機器の協会で論文として発表されていました。実際に動作する様子は動画でみることができます。

動作の仕組み

プロトタイプは3.5マイクロワットで動作します。周囲の電波と米粒ほどの大きさの太陽電池から得られる電力は1〜10マイクロワットというレベルのため、電力はほとんど使えません。この3.5マイクロワットの電力を使って、声はラジオ電波に変換され、15メートル離れた基地局へラジオ電波を送信します。

基地局はそのラジオ電波をSkype通話に変換して実際に電話をかけることになります。受信はこの逆の動作。プロトタイプではボタンによって、送信と受信を切り替え、トランシーバーのような使い方がされています。

この先、研究チームでは動作範囲の拡大と会話の暗号化に焦点を当てる予定とのこと。また、バッテリーレスでビデオのストリーミングを受け、E-inkスクリーンに映像を表示するプロジェクトも進行中です。

ウェラブルであること

将来、情報機器を身につけるウェラブルなものになった場合、今のiPhoneのように全ての機能が一枚の板に入っている必要はないかもしれません。音声は紹介したような技術を使って基地局やWi-Fi機器に送信され、機器の方で通話として変換される時代になれば、バッテリー残量に悩まされずに済むでしょう。

これからこのような開発はどんどん進んでいくものと思われます。将来のケータイがどんな姿になるのか、メールや動画はどうなるのか。時代はもうSFの世界に入っているのかもしれません。

参考URL:ワシントン大学

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Windows10コンセプト

ARM版Windows10がサクサク動くデモ公開。何それ?おもしろいの?

フルスペックのARM版Windows10の仕組みと実機デモがアメリカ・シアトルで開催中の開発者会議「Build 2017」で公開されました。筆者としては、なかなかおもしろいことになりそうだとワクワクし …

MAMORIO

紛失防止タグ「MAMORIO」が使えるモノになってきた

「MAMORIO」はよくある紛失防止タグで、Bluetoothを使い接続が切れた場所を記録、どこで落し物をしたのかわかる製品。しかし、関連するサービスが充実してきており、本当に使える「落し物発見タグ」 …

goto

GoogleのWebVR体験サイト「Speak to GO」で、カッパドキアとカンボジアへ行ってきた。

GoogleがVR体験のための実験ページ「WebVR Experiments」でVRを体験できるWebアプリを多数公開しています。その中で「Speak to Go」を使ってみました。これは行きたい場所 …

脳波インターフェイス

脳で考えるだけで操作できるAR/VR向けインターフェイス登場!

電脳化の時代が…!?これまでAR/VRの世界では、モーションキャプチャや視線トラッキング、自然言語処理などのインターフェイスが開発されてきましたが、とうとう操作を脳波で行うデバイスが登場しました。 V …

遠隔操作でペットと遊べる「Pebby」。お留守番もさみしくない!

Kickstarterで登場し、すぐに目標金額に達した「Pebby」。スマートフォンから遠隔操作でボールを動かし、ペットと遊べるガジェットになっています。ボールにはカメラがついており、ペットの様子を確 …