Excelの未来!?VRでデータを可視化する「Virtualitics」

激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Technology

Excelの未来!?VRでデータを可視化する「Virtualitics」

投稿日:

「データに没入する」とのキャッチコピーのついた「Virtualitics」はVR版Excelとでも呼べそうなソリューションです。Excelは代表的な表計算ソフト。比較的簡単なデータであればグラフを駆使して分析できるでしょう。しかしビッグデータと叫ばれる時代にはこれが必要かもしれません。

スポンサーリンク

データを視覚的に分析する

virtualitics画面イメージ

このソリューションは「ビッグデータ解析VRアプリケーション」。画像にあるようにヘッドマウントディスプレイを装着し、マッピングされたデータを3次元で視覚的にとらえることができます。デモ動画をみていただくと、そのパワフルな解析方法がわかっていただけると思います。

デモの最初で男性はExcelのような表計算ソフトを使い、X軸とY軸の組み合わせをいろいろと試すことで相関関係を見つけようとしているようです。それがこのソリューションを使うと同僚と話しながら、X軸とY軸に加え、Z軸を入れ替えて分析を行っています。

さらにVR空間上で見る角度まで変えることができるので、思いもよらなかったような切り口がデータに現れるかもしれません。ビッグデータを扱う場合、このような視覚的分析は強力な味方になってくれそうです。

未来のExcelとなるか

未来のExcelはこうなる!?とは言いにくいでしょう。2次元で十分な表計算は存在し続けます。これからもExcelはExcelとしてあるでしょう。3Dオブジェクトとしてのグラフ機能は追加されるかもしれません。既にPowerpointでは3Dオブジェクトを扱えるようになっています。

それよりも、データを視覚的にとらえるこの分析方法は有効かもしれません。公式サイトでは、従来のソフトウェアで必要だった時間を大幅に短縮するとうたっています。何度もグラフを書き換えて分析するより、手でグラフを直接操作して分析する。大きな可能性を感じるソリューションです。

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮想火星探査の様子

Vision VR/AR Summit 2017の受賞作が発表される。特にNASAの受賞作がすごい!

2017年のVision Summit 2017が発表され、「Best Of」アワードが発表されました。それはそれぞれの分野、ゲームや映画、エンターティメントなどのベストが発表されていますが、その中で …

spec

iPhone7 PlusとGalaxy S8、他Android3機種でスピードテスト。iPhoneって実は速い!?

「Galaxy S8」「iPhone7 Plus」「LG P6」「Pixel」「OnePlus 3T」を並べた、スピードテストの動画がアップされました。動画を公開しているのはYoutuberのEvey …

かめはめ波

かめはめ波が撃てる…だと?ゲームリリースに加え、VR体験施設でワクワクすっぞ!!

「HTC Vive」で「ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波」がリリースされると海外で話題になっています。日本ではドラゴンボールを含め、マリオカートや攻殻機動隊のVRゲームを体験できる施設「VR ZON …

Googleマップ

誤差「数センチ」の日本版GPSでどのような未来に?スマートフォンにも来る??

スマートフォンでは基本機能と言っていいGPS。しかし、その誤差は10m程度のこともあります。その誤差を数センチまで縮小する日本版GPS「みちびき」が打ち上げられました。果たしてどのような未来になるのか …

&HAND利用シーン

障害者と手助けをしたい人をつなぐ「&HAND」。手助けしたいけどどうしよう?

アンドハンドは6月15日から障害者と健常者を「LINE Beacon」でつなぎ、チャットボットでサポートする「&HAND(アンドハンド)」の事業化を進めると発表しました。これはLINEが3月に …