Excelの未来!?VRでデータを可視化する「Virtualitics」

Technology

Excelの未来!?VRでデータを可視化する「Virtualitics」

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

「データに没入する」とのキャッチコピーのついた「Virtualitics」はVR版Excelとでも呼べそうなソリューションです。Excelは代表的な表計算ソフト。比較的簡単なデータであればグラフを駆使して分析できるでしょう。しかしビッグデータと叫ばれる時代にはこれが必要かもしれません。

スポンサーリンク

データを視覚的に分析する

virtualitics画面イメージ

このソリューションは「ビッグデータ解析VRアプリケーション」。画像にあるようにヘッドマウントディスプレイを装着し、マッピングされたデータを3次元で視覚的にとらえることができます。デモ動画をみていただくと、そのパワフルな解析方法がわかっていただけると思います。

デモの最初で男性はExcelのような表計算ソフトを使い、X軸とY軸の組み合わせをいろいろと試すことで相関関係を見つけようとしているようです。それがこのソリューションを使うと同僚と話しながら、X軸とY軸に加え、Z軸を入れ替えて分析を行っています。

さらにVR空間上で見る角度まで変えることができるので、思いもよらなかったような切り口がデータに現れるかもしれません。ビッグデータを扱う場合、このような視覚的分析は強力な味方になってくれそうです。

未来のExcelとなるか

未来のExcelはこうなる!?とは言いにくいでしょう。2次元で十分な表計算は存在し続けます。これからもExcelはExcelとしてあるでしょう。3Dオブジェクトとしてのグラフ機能は追加されるかもしれません。既にPowerpointでは3Dオブジェクトを扱えるようになっています。

それよりも、データを視覚的にとらえるこの分析方法は有効かもしれません。公式サイトでは、従来のソフトウェアで必要だった時間を大幅に短縮するとうたっています。何度もグラフを書き換えて分析するより、手でグラフを直接操作して分析する。大きな可能性を感じるソリューションです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Emmaの外観

パーキンソン病患者の手の震えを抑えるデバイス「Emma」。あまりの効果に患者が涙する…

手足が異常に震え、ちょっとした動作も困難になってしまうパーキンソン病。その根本的な治療方法はみつかっていません。日本では10万人あたり100〜150人と言われていて、難病指定がされています。その手の震 …

miru-touch

SXSW賞でファイナリスト!紙製なのにタッチ操作できるVRゴーグル「みるボックス タッチ」

Google Cardboardなど段ボール製の簡易VRゴーグルは以前よりありましたが、この「みるボックス タッチ」はゴーグルのサイドをタッチ操作できるのが最大の特徴。オリジナルコンテンツやGoogl …

japan

世界のネット接続、AndroidがWindowsを抜きトップに。日本はどうなってる?

StatCounterは2017年4月時点でのインターネット接続に使われるOSの調査結果を発表しました。Googleの「Android」が初めてMicrosoftの「Windows」を抜き、トップにな …

本体画像

本日発売開始!VR用グローブ「VRgluv」の未来感が圧倒的すぎて怖くなるレベル。

先日発表されたVR用グローブ「VRgluv」がKickstarterでプレオーダーを開始しました。見た目からかなりの未来感。VRの世界でものを掴んだり、握りつぶしたり、手の動きにフィードバックがあるグ …

eSight Glass

盲目の少年が初めて家族の姿を見た時「僕には大きな鼻があるよ!」

カナダ・セルカークにベニーというひとりの少年がいました。先天性黒内症と呼ばれる非常に珍しい病気で、シルエット以外のものは見えません。しかし彼は「eSight Glass」というプロダクトで初めて家族の …