ARサングラス

これぞARサングラス!Vuzixが「Blade 3000シリーズ」を公開

メガネ型ウェアブル機器と言えば、「Google Glass」を思い起こしますが、一般消費者には受け入れられませんでした。いかにもウェラブルデバイスという見た目が問題だったのではないでしょうか。今回公開された「Blede 3000 Smart Sunglasses」は、自然な外観が特徴です。

スポンサーリンク

Blade 3000 Smart Sunglasses

先日開催された「CES 2017」で、International CES アワードを受賞したBlade 3000 スマートサングラスは、レンズの厚さがわずか1.4mmで「シースルー光導波技術」を活用したARサングラスになっています。

ARサングラス

注目すべきはその外観でしょう。普通のサングラスとほぼ見た目が変わりません。このレンズにARオブジェクト情報が表示されます。商品紹介の動画で情報が表示されたイメージが紹介されています。

AR表示

タッチ操作などの機能を搭載

サングラスのサイドをタップすることで操作できるとともに、Bluetooth、Wi-Fi、スピーカー、マイク、カメラなどが搭載されています。

ソフトウェアはまだプロトタイプの段階です。Androidをベースに、電話やメールのチェック、音楽、ウェブ検索、カレンダーアラートなどの機能を備えたスタンドアロン型のものと、Android/iOSのスマートフォンと接続して使用する、2つのバージョンがあります。

どこまで受け入れられるか

「Google Glass」には見た目の問題もあったと思われますが、カメラを備えているためプライバシーの問題もありました。これにより、レストランやバーなどでの着用が禁止された過去があります。あれからかなり時間も経ちARが認知されてきた段階にありますが、受け入れられるかは未知数です。

しかし、ユーザーとしてはとても魅力のある製品になっているでしょう。近日発売というアナウンスがされており、その動向が注目されます。

解約違約金、各種手数料も負担!
最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー