障害者と手助けをしたい人をつなぐ「&HAND」。手助けしたいけどどうしよう?

Technology

障害者と手助けをしたい人をつなぐ「&HAND」。手助けしたいけどどうしよう?

投稿日:2017年6月17日 更新日:

参考になったらシェアお願いします!

アンドハンドは6月15日から障害者と健常者を「LINE Beacon」でつなぎ、チャットボットでサポートする「&HAND(アンドハンド)」の事業化を進めると発表しました。これはLINEが3月に開催したチャットボットのアワード「LINE BOT AWARDS」でグランプリを受賞したプロジェクトでした。

スポンサーリンク

「&HAND」の仕組み

&HAND利用シーン

開発が進められている&HANDの仕組みはこのようになっています。聴覚障害者や視覚障害者、その他目に見えない障害を抱えている人が「LINE Beacon」に対応する端末を携帯して、手助けが必要な状況になると、BeaconをONにします。

すると周辺にいる&HANDを友だち登録しているユーザーにメッセージが届き、サポートの必要性が伝えられます。この登録ユーザーを「サポーター」と呼んでいます。例えば、視覚障害者が持っている白杖や、ヘルプマークをLINE Beacon端末にすることが考えられています。

障害者であっても、助けを必要としているかどうかはわからないものです。手助けをしたいと思っても具体的に何をすればいいのか、そもそも困っているのか、そのあたりのギャップを繋ぐサービス。そして&HANDアカウントを通して具体的にどうして欲しいのか、やりとりできるようになっています。

事業化の意味

この仕組みは、サークショップデザイナー、グラフィックデザイナー、UIデザイナー、エンジンニアなどのメンバーで構成されているプロジェクトでしたが、それぞれ別の会社で働くメンバーが有志で集まったものでした。

これが今回事業化されるということは、アイデアにとどまらず実現に向けて動き出したということになります。事業化に当たっては、LINE、大日本印刷、東京メトロと連携して進められ、2017年内に実証実験を実施する予定になっています。

他の分野への展開も

LINEの&HANDアカウントのタイムラインを通して、サポーターのために育成支援の情報を流すことも考えられています。また、同様の仕組みを使って外国人観光客への観光サポートなども検討されているとのこと。

仕組みとしてはシンプルですが、「助けてほしい」と「助けたい」をつなぐアイデアは素晴らしいものだと思います。「助けたいけれど失礼にあたらないだろうか」と躊躇してしまうジレンマも解消できるでしょう。今後の具体的な展開を期待したいところです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-, , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タトゥー再生画像

再生できるタトゥー!?音楽や声の波形を彫る「Soundwave Tattoos」

外国の方には浸透しているタトゥー文化。ご紹介するタトゥーは「再生できる」タトゥーです。音は波形に変換することができます。iPhoneなどで音声を録音した際に表示される波形を見たことがないでしょうか。そ …

eSight Glass

盲目の少年が初めて家族の姿を見た時「僕には大きな鼻があるよ!」

カナダ・セルカークにベニーというひとりの少年がいました。先天性黒内症と呼ばれる非常に珍しい病気で、シルエット以外のものは見えません。しかし彼は「eSight Glass」というプロダクトで初めて家族の …

Ping

有りそうで無かった!単純にGPSで場所だけ教えてくれるトラッカー「Ping」

小型GPSトラッカー「Ping」。とても小さなデバイスで、GPSを使って場所だけ教えてくれます。現在、INDIEGOGOで目標金額の20倍の出資を集めていて、製品化は間違い無いでしょう。現在、早期割引 …

flic1

スウェーデン発ワイヤレススマートボタン「flic」がおもしろそう!

最近、Bluetoothで接続するシンプルなガジェットをみるようになりました。忘れ物防止タグであるとか、リモコンであるとか…。2016年に発売されたワイヤレススマートボタン「flic」がおもしろうなガ …

Google Chrome、リダイレクトやポップアップブロックの機能を強化へ

米国のGoogleは現地時間の11月8日、Google Chromeの「バージョン64」にて意図せず違うページに飛ばされてしまうリダイレクトをブロックする機能を追加する事を発表しました。 スポンサーリ …