Snapdragonイメージ画像

格安スマホでよく聞く「Snapdragon」とは?

格安スマホでスペックを見ると、「Snapdragon 430」などの表記があります。CPUなのでしょうか。実はCPUではなく、グラフィック表示や通信機能など複数の機能を統合した「SoC(System-on-a-Chip)」になります。どんなものなのか、解説いたします。

スポンサーリンク

Snapdragonとは?

Snapdragonイメージ画像
Snapdragon」は米クアルコム社のモバイル用SoC(System-on-a-Chip)です。主な機能は、以下の通りです。

・スマートフォンを動かす中央処理装置「CPU(Central-Processing-Unit)」
・LTE通信やWi-fiを使うための送受信装置「モデム」
・画面にグラフィックを表示する「GPU(Graphics-Processing-Unit)」
・位置情報を受信する「GPS(Global-Positioning-System)」
・その他、センサー類、マルチメディア機能、セキュリティ機能など

つまり、スマートフォンに必要な機能を一つのチップにまとめています。他にもチップメーカーはありますが、これだけの機能が一つにまとまっているため、Androidスマホにほとんど採用されています。Appleは例外で、独自のSoCを採用しています。

スポンサーリンク

低価格からハイスペックまで

Snapdragonは低価格な「400シリーズ」、中価格帯の「600シリーズ」、高価格な「800シリーズ」があります。もちろん、価格が上がるにつれて処理能力も上がっていきます。主に、何Ghzで動作するのかが異なります。この「Ghz」は1秒間に何回計算ができるか、という数値。多い方が3Dアプリなどもサクサク動くことになります。

ハイスペックな800シリーズ

現在、800シリーズは「Snapdragon 835」です。「オクタコア」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。CPUの演算ユニット(コア)が8個あるという意味です。しかし、全部一度に使うかと言うとそうではありません。4コア+4コアで構成されています。CPUが2つあります。

CPU1:2.45Ghz x 4コア
CPU2:1.90Ghz x 4コア

負荷が高い場合にはCPU1を使います。負荷が低い時にはCPU2に切り替えてバッテリー消費を抑えます。4コアあるということは、4つの計算が並列でできます。かけ算を4回やる代わりに4つのかけ算を1回で行うようなイメージです。

総合して例えると、4つのかけ算を同時で1秒間に2億4500万回できます。800シリーズは主に6万円以上のハイエンドスマートフォンに採用されています。

低価格な400シリーズ

現在、400シリーズの最新は「Snapdragon 450」です。これはいわゆる「格安スマホ」に採用されているシリーズで、非常に低価格です。1〜2万円くらいのスマホに採用されています。その代わりスペックは抑え気味です。先ほどのCPUの数値をみてみるとこうなります。

CPU1:1.8Ghz x 4コア
CPU2:1.8Ghz x 4コア

「450」は「835」より1世代進んでいますので、あまり差がないように見えますが、これが現状です。両方のCPUが1.8Ghzですが、CPU2は最大の計算能力を出さないようになっていると思われます。

性能の差はCPUだけではないが

800シリーズと400シリーズの性能はCPUの速さの違いだけではありません。グラフィックの能力やワイヤレス充電の速さなど、全体的に800シリーズの方が上回っています。しかし、スマホを検討する際、そこまで検討材料にする必要なないでしょう。CPUのGhz(クロックと呼びます)が早ければ全体的に性能が上がっているくらいの認識で検討すればよいと思われます。