自閉症児童の「AR教室」が始動!母親が涙した理由は……。

Technology

自閉症児童の「AR教室」が始動!母親が涙した理由は……。

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

Indiegogoでキャンペーンが行われている、世界初の自閉症者のためのARゴーグル「Empower Me」。Google Glassを使った「AR教室」とも呼べるようなシステムになっていて、10,000ドルの募集に対して599%という出資が集まっています。その効果は母親が涙するほどのものでした。

スポンサーリンク

感情を理解する教室

自閉症の児童は、相手の感情を理解することを苦手とします。笑っているのか、怒っているのか、判断がつきません。この機能では、ふたりで向き合って椅子に座り、相手の表情がAR情報と共に見えるようになっています。

相手の顔

そして「笑っている」と判断それば、児童は目線をそちらへ移動させます。正解すると、1ポイントが与えられ、ゲームのように楽しみながら、表情を読む練習ができるようになっています。

正解

この相手が「笑っている」という答えは、Google Glassにつけられたカメラを使って撮影され、機械学習システムで識別されます。そのため練習相手は表情を作るだけで、答えの入力のような負担はありません。

相手の目を見て話す教室

相手の目を見て話すことが苦手な児童には、フェイストゥフェイスで話す教室があります。相手と向かい合うと、Google Glassは顔の位置を認識します。そして、カウントダウンのメーターが進んでいきます。メーターが周りきれば成功です。

相手と対面

児童がストレスを感じて目線を外すと、練習は一旦ブレイクされます。そして、また練習に戻るのです。

練習中断

AR教室の成果には、母親が涙するほど

このシステムはMITやハーバードの研究結果に基づいて開発されていて、他にも新しい環境に慣れるための機能があります。実際の効果はニュースになるほどです。ある母親へのインタビューを紹介しましょう。

インタビュー

「泣いてしまいそう」
その子供が不思議そうに聞きます。
「なぜ?」
「……。あなたが私を『見て』いるからよ。こんなことになるなんて、以前には考えられなかった。」

母親の喜びはどれほどのものでしょうか。自分の子供が親と目を合わせてくれない。そう思っていた。それが今では目を見て話ができるのです。Google Glass、AI、ARなどの技術が自閉症児童の適応につながることは素晴らしいと感じます。今はまだ英語バージョンですが、日本での利用も夢物語ではないでしょう。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-, , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Ping

有りそうで無かった!単純にGPSで場所だけ教えてくれるトラッカー「Ping」

小型GPSトラッカー「Ping」。とても小さなデバイスで、GPSを使って場所だけ教えてくれます。現在、INDIEGOGOで目標金額の20倍の出資を集めていて、製品化は間違い無いでしょう。現在、早期割引 …

miru-touch

SXSW賞でファイナリスト!紙製なのにタッチ操作できるVRゴーグル「みるボックス タッチ」

Google Cardboardなど段ボール製の簡易VRゴーグルは以前よりありましたが、この「みるボックス タッチ」はゴーグルのサイドをタッチ操作できるのが最大の特徴。オリジナルコンテンツやGoogl …

再現された悪魔

モントリオールの研究所でVRを使った統合失調症の治療に成功。今後の展開に期待。

フィリップ・パイレル研究所で、統合失調症の治療にVRを使う研究が進められています。実際に適用したところ、19人のうち15人に大きな効果がありました。そのうちのブレトン氏の事例を紹介します。 新宿に攻殻 …

SenSprout

IoT農業用センサー「SenSprout」。家庭用をクラウドファンディングで成功させ、プロ用のサービスをリリース。

SenSproutは農業の分野にIoTを導入し、クラウドサービスから勘や経験に頼らない農業のソリューションを提供しようというスタートアップ企業。土壌センサー「SenSprout」をクラウドファンディン …

対応する機能

通話できる指輪「ORII」登場!骨伝導でクリアな通話を実現。

果たして、スマートウォッチで通話をするのはスマートなのか?そういう意味ではこの「ORII」はスマートだと言えるでしょう。指輪型のデバイスで通話を実現します。人差し指にはめると、音声の振動が指に伝わり、 …