Windowsモバイル

「Surface Phone!?」Microsoftはスマートフォンを諦めていない!

Microsoftは「Windows 10 mobile」がインストールされたスマートフォンでiPhoneの牙城を崩しにかかりましたが失敗に終わりました。Windows 10 mobileは昨年10月に将来的な計画がないことが確認され、デバイスも販売されていません。しかし、まだMicrosoftは諦めていないようです

スポンサーリンク

Microsoftの新しいOS「Andromeda OS」

これは「Walking Cat」と名乗る開発者によって発見されました。

Microsoftから、最近リリースされた開発者キットから、コードネーム「Andromeda OS」という新しいOSを発見します。そして「Factory OS Andromeda Device」という新しいデバイスで社内の開発が行われているようだと指摘しています。

すでに開発者キットに組み込まれていることから、Microsoftの新しいデバイスはテストの最終段階にあるとみられます。これは一体どのようなデバイスになるのでしょうか。

Microsoftの「Surface Phone」

Windowsモバイル

この新しいOSはスマートフォンを含む様々なデバイス、ブックパソコンやタブレットなどに、Windowsの機能を提供するシステムと思われます。それは必要な機能だけをデバイスに搭載できるWindowsのモジュール版のようなものになると期待されています。

そのため、デスクトップやノートパソコンに搭載されるx86プロセッサと、スマートフォンやタブレットに搭載されるARMプロセッサの両方をサポートします。この「Surface Phone」のようなシステムは以前から噂されていました。

「Surface Phone」の登場はいつか

iPhoneとMacの連携はとても便利に使えます。iPhoneで撮った写真はそのままMacで見ることができ、Macで見ていたWebページはその続きをiPhoneで読めます。このような連携が、世界で最も普及しているWindowsで提供されれば、便利になることは間違いないでしょう。

しかしその登場にはまだ時間がかかりそうです。この発見を記事にした「Cult of Mac」は「2018年の遅く、もしくは2019年の初めにこのSurface Phoneについて知ることができるだろう」と言及しています。

現在におけるiPhoneの圧倒的な成功を揺るがすことは難しいかもしれません。しかし、Microsoftのファンはもう一度、モバイルWindowsの挑戦をみることができます。

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー