MVNOを選ぶポイントは料金、通信速度、それとも!?

ひと昔前までは、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク等の、いわゆるメガキャリアと呼ばれる会社と契約して携帯電話・スマートフォンを利用するというのが当たり前でしたが、現在では格安SIMサービスを提供するMVNOと契約して利用しているユーザーも珍しくなくなりました。

出典:MMD研究所

MMD研究所が発表した「2017年9月格安SIMサービスの利用動向調査」によれば、メインでMVNOを利用しているというユーザーのシェアは8.5%であるものの、前年の同時期から3%近くシェアを伸ばしていますし、格安SIMサービスの認知度に至っては9割近くにまで達しています。

2017年に入ってからは一部で統合の動きが見られるものの、非常に多くのMVNOが格安SIMサービスを提供していますが、では皆さんがMVNOを選ぶポイントとは一体何なのでしょうか?

スポンサーリンク

料金プランが充実しているMVNOほどユーザー満足度も高い!?

マイナビニュースが格安SIMを利用している会員を対象に実施したアンケート結果によると、メインで使用しているMVNOの第1位は「楽天モバイル」、第2位が「OCN モバイル ONE」、第3位が「IIJmio」でした。

出典:マイナビニュース

同じくマイナビニュースのアンケートでは、ユーザーが現在利用しているMVNOの最も気に入っている点についても質問しており、断トツで一番多かった回答は料金プランでした。

メインで使用しているという回答が多かったMVNO各社は、いずれも魅力的な料金プランを用意しています。

例えば第1位に選ばれた楽天モバイルは、データ通信速度最大1Mbps使い放題と国内通話5分かけ放題がついて月額1,980円(税別)から利用できる「スーパーホーダイ」という料金プランを提供していますし、第2位の OCN モバイル ONEも、データ通信と音声通話を組み合わせて月額1,600円(税別)から提供しています。

毎日使うものですから、お財布に優しい事を重視する人が多いのは理解できますね。

通信速度には満足してないユーザーが多い

出典:マイナビニュース

一方、ユーザーが現在利用しているMVNOの最も不満な点についての質問では、通信速度をあげた方が最も多い結果となりました。

そもそもMVNOの通信回線はメガキャリアのそれを借り受け、限られた帯域にてサービスを提供している事もあって若干の遅延が生じるのですが、加えて多くのユーザー利用が集中して混雑する時間帯には遅延に拍車がかかっているのが現状です。

混雑の少ない時間帯ではメガキャリアよりも通信速度が速くなる場合もありますが、通信の安定化を図るには設備の増強が欠かせませんし、設備投資にどれだけ力を入れられるかというのはユーザー数とのバランスを踏まえた上での判断となる為、MVNOにとって悩ましい問題と言えそうです。

料金や通信速度よりも大切なポイントとは!?

出典:上新電機

昨今はMVNOのテレビCMを目にする機会が少しづつ増え、またMVNOでもメガキャリアと同様に自社の店舗を構えたり、家電量販店の店頭にて申し込みやアフターサービスを提供する会社も増えています。

先述した料金や通信速度も、MVNOを選ぶ上で重要なポイントではありますが、ユーザーにとってはCMや実店舗を通じてMVNOに対する心理的な壁が低くなりますし、MVNOにとっても自社の知名度ひいてはブランド力の向上にも繋がりますので、様々なアイデアによって物理的な接点を増やしていく事が、今後は最も重要性の高いポイントなのかもしれません。

基本料金1,333円引きで工事代金は無料
さらに最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー