保障内容

中古iPhoneでAppleCare+には加入できないの?どうする?

近年、中古でiPhoneを買うユーザーが増えています。iPhoneの性能が上がるとともに高価になっている影響でしょう。iPhoneを中古で買うとしても、新しい機種であればかなりの金額になります。その場合、AppleCare+の保証はどうしたらいいのでしょうか。

iPhoneでAppleCare+に加入する条件

「AppleCare+ for iPhone」に加入すると、画面が割れた際には3,400円で交換してもらえる他、ユーザー責任でない故障は無償での修理ができるようになります。しかしこのAppleCare+には「iPhone購入後30日以内」に申し込む必要があり、中古で買った場合には対象とならないでしょう。

先日、筆者もiPhone Xを中古で買いましたが、それは発売されてから1年後くらいのこと。最大で1年間使ったiPhone Xを購入しているため、AppleCare+の対象とはならなかったのです。

iPhoneでAppleCare+以外に保険をかける方法は?

中古のiPhone Xですが、価格は10万円ほどでした。iPhone X/XSなどの全画面iPhoneの場合、画面の修理には3万円以上かかります。近年のiPhoneは画面に特殊なセンサーが使われているため正規の修理で直したいところです。修理後に不具合が発生する可能性が高いからです。

うっかり落としてしまった代償が3万円もするのでは、かなり不安ではないでしょうか。その場合、Appleの提供ではない「モバイル保険」に加入することをおすすめします。

中古iPhoneに保険をかけられる「モバイル保険」

この「モバイル保険」は月額700円で3台までの電子機器の修理代金を保証してくれます。AppleCare+とは違い、全額保証してくれること、メーカー修理不能のものまで保証してくれることが大きな違いです。

保障内容

そして3台まで保証してくれるのはiPhoneだけではありません。あなたのデジカメやゲーム機器なども保証の対象に含めることが可能です。その保証内容にも関わらず、AppleCare+より安いことがメリットとしてあげられます。

保障比較

またキャリアが提供する保証サービスとも違い、民間の保険ならではの手厚い保障が受けられます。手を滑らせてしまってiPhoneを落とすという事故は明日、起こるかもしれません。いますぐにでも保険に加入しておいた方がいいと思います。詳しい内容をこちらからご覧ください。