Face IDもTouchIDも解除できる!iPhone/iPad/iPodのパスコード解除アプリ!!【MobiUnlock】

iPhoneのセキュリティは完璧にできています。Touch IDやFace IDでロック解除ができますが、何かの原因で解除できなくなった場合、パスコードを忘れてしまっているとどうしようもありません。

今回はFace IDとTouch IDのロックを解除してパスコードの削除もできる「EaseUS MobiUnlock」をご紹介します。

スポンサーリンク


パスコード、Face ID、Touch IDの解除ができる「MobiUnlock」

このアプリはiPhoneのデータ復旧やMacのデータ復旧アプリを16年作り続けているEaseUSの最新iPhoneロック解除ソフトです。最新ですので、執筆現在最新のiOS14.1搭載iPhone 12にも対応しています。

主にこのような特徴のあるアプリです。

  • 1クリックでiPhone/iPad/iPodのロックを解除
  • ロックされているiOS端末からパスコードを削除
  • パスコード、Touch ID、Face IDを解除可能

では実際に「EaseUS MobiUnlock」のページからダウンロードしてみます。

無料体験

対応しているパソコンはWindows 10/8.1/8/7です。「無料体験」のリンクをクリックして、ダウンロードされたファイルを開くとインストーラーが立ち上がります。

インストーラー

「今すぐインストールする」をクリックするだけなので簡単ですね。

スポンサーリンク

「MobiUnlock」を使ってiPhoneのロックを解除してみる!

インストールが終わるとこのような画面になります。「今すぐ始める」をクリックするだけなので、本当に1クリックで操作できるわかりやすい設計になっています。

今すぐ始める

iPhoneのロックを解除する手順が表示されます。

ロック解除手順

ここで重要な点はApple IDのパスワードが必要になる点です。これを最初に説明してくれているのは助かりますね。

もし自分のApple IDのパスワードを忘れているようであれば、あらかじめApple IDのページで「Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?」のリンクから調べておくことができます。

「OK」を押すと実際のロック解除の作業に入っていきます。

まず「リカバリーモード」の案内が表示されます。iPhoneのモデルによってリカバリーモードのやり方が違うので親切な説明です。

リカバリーモード説明

検証用にはiPhone 7を使っているのでiPhone 7を選択するとリカバリーモードにするやり方が案内されます。

リカバリーモード説明

リカバリーモードが成功するとiPhoneはこのような画面になります。

iPhone画面

アプリではiPhoneのモデルを検出して、最新のiOSが選択されます。「ファームウェアをダウンロード」をクリックします。

ファームウェアをダウンロード

ファームウェア(iOS)のダウンロードが終わるとロック解除の準備が完了です。「スタート」をクリックします。

スタート

ファームウェアに問題がないか認証が行われます。

検証画面

ファームウェアに問題がなくロックが解除できるとわかった時点で、MobiUnlockの料金の説明があります。今なら3,590円(税抜)ですね。
ロック解除できるとわかってから支払うので、安心感があるのではないでしょうか。

料金表

料金を支払ってプロダクトコードを入力します。するとロック解除の最終確認があります。ポイントは「すべてのデータが消去される」ことと「Apple IDが必要になる」ことです。
問題がなければ「77777」と入力して「ロック解除」をクリックします。

最終確認

ロック解除しているあいだ、iPhoneは初期化と同じような動作をします。

iPhone画面

「ロック解除に成功しました」と表示されるとロックの解除は完了です。

ロック解除完了

スポンサーリンク

「MobiUnlock」ロックを解除したiPhoneを設定する

ロック解除が完了したiPhoneは、リセットされたiPhoneとして再度設定します。

iPhone初期設定

設定の途中でロック解除の際に注意で表示されたように、Apple IDの入力が必要になります。

Apple ID入力

問題なくApple IDを入力できたらロックの解除は完了です。ここまで検証してきたように、特別な知識は必要なく、Face IDや Touch IDを解除して、パスコードを削除できました

ロック解除完了

ロックが解除されたものの、iPhoneのリセットとほとんど変わりがないので、例えばもしiCloudに写真を保存していたら、カメラロールにロック解除する前の写真が残っています。

またApple IDはそのままなので、AppStoreで購入した有料アプリもダウンロードしなおせば使うことができます。

「MobiUnlock」でスクリーンタイムのロック解除も

今回検証することでこんな使い方もあるとわかりました。今回検証に使ったiPhoneには「スクリーンタイム」でアプリに制限がかけてあったのです。

スクリーンタイム

MobiUnlockでロック解除すると、スクリーンタイムの制限もオフになります。

スクリーンタイム設定

これはメインの機能ではありませんが、もしスクリーンタイムで制限していたけれど、制限をやめたい場合にも使えます。

スクリーンタイムパスコードは、iPhoneのパスコードとはまた違うパスコードですので、忘れることがあるかもしれません。このMobiUnlockで簡易的にスクリーンタイムをオフにできます。

スクリーンタイムパスコードを削除したい場合は、先ほども確認したApple IDで削除することができます。

ロック解除の強い味方「MobiUnlock」

Face IDやTouch IDで認証できないiPhoneからパスコードを削除するには、かなり専門な知識が必要となりますが、このiPhoneロック解除ソフトの「MobiUnlock」を使えば簡単にロックを解除することができます。

  • 1クリックでiPhone/iPad/iPodのロックを解除
  • ロックされているiOS端末からパスコードを削除
  • パスコード、Touch ID、Face IDを解除可能

開発しているEaseUSは歴史のある会社で、他にも「業界初の」Mac復旧アプリやWindowsのデータ復旧アプリを作っている会社です。もちろんiPhoneのデータ復旧アプリもあります。

その会社の新しい製品として、今回「パスコードを削除する」機能に特化したMobiUnlockがリリースされたので検証する機会をいただきました。パスコードを削除する機能はみていただいたとおり完全に動作します。

もし、あなたが使ってみてうまくいかなかった場合「24時間体制」のサポートを受けることができます。

サポート

もし、古いiPhoneが残っていて売ろうと思ったらパスコードを忘れていた。メルカリで中古のiPhoneを購入したらパスコードがかかっていた。そのような事態になったらこの「UaseUS MobiUnlock」は強い味方になってくれるでしょう。

パスコードがわからなくても削除できるアプリがあるということを覚えておいてください。

公式サイト:https://jp.easeus.com/unlock-iphone/index.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました