医療技術

Technology

これぞスマートグラス!ディスレクシア(難読症)や弱視でも文字が読める「OTON GLASS」

ディスレクシアという障害があります。文字が見えるのに読めない障害です。弱視、光は感じるものの見ることができない障害もあります。そんな障害者に向けたプロダクト「OTON GLASS」は代わりに文字を読み上げてくれるメガネです。 リーディ...
Technology

自閉症児童の「AR教室」が始動!母親が涙した理由は……。

Indiegogoでキャンペーンが行われている、世界初の自閉症者のためのARゴーグル「Empower Me」。Google Glassを使った「AR教室」とも呼べるようなシステムになっていて、10,000ドルの募集に対して599%という出資...
Technology

下半身不随の患者にVRを適用することで「幻肢痛」が改善

脊髄の損傷によって下半身不随になった男性に対してVRによる実験が行われました。VRによって仮想の足を出現させることによって、自分の脚が麻痺していないと感じることができるかという実験です。また今後の見通しとして「幻肢痛」の緩和に応用できる可能...
Technology

ウェラブルデバイスでうつ病改善!新たな治療に期待!

現代では社会人のうつ病は非常に大きな問題になっています。特にIT関係の仕事に従事している社会人に多くみられる印象を受けます。そこへウェラブルデバイスを用いた治療をする製品が、リリース間近となっています。 うつ病を改善する「FLOW」 ...
Technology

障害者と手助けをしたい人をつなぐ「&HAND」。手助けしたいけどどうしよう?

アンドハンドは6月15日から障害者と健常者を「LINE Beacon」でつなぎ、チャットボットでサポートする「&HAND(アンドハンド)」の事業化を進めると発表しました。これはLINEが3月に開催したチャットボットのアワード「LIN...
Technology

モントリオールの研究所でVRを使った統合失調症の治療に成功。今後の展開に期待。

フィリップ・パイレル研究所で、統合失調症の治療にVRを使う研究が進められています。実際に適用したところ、19人のうち15人に大きな効果がありました。そのうちのブレトン氏の事例を紹介します。 そもそも統合失調症とは? Wikipe...
Technology

パーキンソン病患者の手の震えを抑えるデバイス「Emma」。あまりの効果に患者が涙する…

手足が異常に震え、ちょっとした動作も困難になってしまうパーキンソン病。その根本的な治療方法はみつかっていません。日本では10万人あたり100〜150人と言われていて、難病指定がされています。その手の震えを緩和しようとする腕時計型デバイスがマ...
タイトルとURLをコピーしました