【Android】APN(アクセスポイント名)を設定する方法

解約違約金、各種手数料も負担!
最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

APNとは、「Access Point Name」の略で、格安SIMのアクセスポイント名のことです。これを設定することで、格安SIMのアクセスポイントに接続することができます。ここではAndroid端末にAPNを設定する一例を紹介します。

APN設定内容の準備

APNの設定内容は、多くの場合、購入した格安SIMパッケージに記載されていると思われますが、ここでは何を設定すれば良いのか検索します。「OCNモバイルONE」の設定を検索してみましょう。キーワードは「Android APN OCN」で検索しました。トップに表示されたページを開くとAPNの設定内容が書かれていたので、それをメモします。

APN設定内容

APNの項目に「LTE端末用」と「3G端末用」と書かれています。現在、ほぼ全てのAndroid端末がLTE端末ですので、「LTE端末用」の設定をメモしておきます。

スポンサーリンク

Android端末のAPN設定例

Android端末の場合、機種によって設定項目が異なる場合があります。たいてい、モバイルネットワークの設定の部分に「アクセスポイント名」や「APN設定」などの項目があると思われます。ここでは参考にその一例を挙げます。

「設定」アプリを開き、無線とネットワークの「もっと見る」をタップ。続いて、「モバイルネットワーク」をタップします。

モバイルネットワーク設定

ここにAPNの設定「アクセスポイント名」がありました。それをタップします。すると、この機種の場合、代表的な格安SIMのAPNがあらかじめ一覧になっています。もし、この中に使用する格安SIMの名前があるようであれば、それを利用します。ここでは追加設定するために「+」をタップします。

APNの追加

すると、「アクセスポイントの編集」画面になりましたので、先ほどメモしたAPNの設定内容を入力します。記載されていない項目は未設定のままで問題ありません。設定できたらそれを保存します。

APNの設定

すると一番下に「OCN」と設定した内容のAPNが追加されました。

APNの選択

これを選択して接続できるようになれば設定は完了です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー