【Instagram】インスタの動画サイズはどこまでサポートされている?形は?

インスタは画像だけではなく、短い時間の動画も投稿できるため、画像・動画を通して楽しく交流ができるSNSです。投稿されている様々な動画を見て、自分でも動画を投稿したいな、と感じるユーザーも多いはずです。

そこで気になってくるのが、動画のサイズはどこまでサポートされているのか?ということ。今回は動画の投稿で重要になるインスタで対応しているサイズや形について解説します。

スポンサーリンク


インスタでサポートされている動画のサイズ

ストーリーズは基本的に画面いっぱいに表示されるので、この記事では省きます。インスタの投稿でサポートされているサイズは動画の比率については以下(横 × 縦)のようになっています。単位はpixelです。

縦長長方形:最小解像度は600 × 750、最大解像度は1548 × 1936
こんな感じの長方形になります。 
縦長方形

正方形:最小解像度は600 × 600、最大解像度は1936 × 1936
正方形はそのままの四角形ですね。

正方形

横長長方形:最小解像度は600 × 315、最大解像度は1936 × 1089
かなり横に長い長方形まで対応しています。

投稿できる動画容量と時間は以下のようにっています。

  • 投稿できる動画のファイル容量は最大4GBまで。
  • 投稿できる動画の時間は最大1分まで。

この記事の内容は動画でも解説しています。
あわせて参考にしてください。

【Instagram】インスタの動画サイズはどこまでサポートされている?【形、容量、長さ】

スポンサーリンク

インスタのデフォルトでは正方形に投稿される

インスタで動画を投稿すると、長方形で撮影した動画でもそのままの設定では正方形にトリミングされてしまいます。

デフォルト

またFace ID対応のiPhoneとTouch ID対応のiPhoneではトリミングされる位置もちょっと違ってきます。

スポンサーリンク

長方形で投稿する方法

インスタには正方形の動画しか投稿できないわけではありません。最初に解説したように縦長にも横長にも対応しています。ただし、縦長に撮ったそのまま表示されるストーリーと違い制限があります。

投稿する動画を長方形にするにはまず、上部にある「+」アイコンの投稿ボタンを押します。

投稿ボタン

投稿したい動画を選択するとトリミングボタンが表示されるので押します。

トリミングボタン

縦長の動画であれば縦長にトリミングされます。「次へ」を押します。

次へ

あとはフィルタをかけたりしてシェアするだけです。

シェアボタン

注意点としては縦長の動画は600:750の比率になっていて、ストーリーの縦動画9:16と比べると縦に短くトリミングされます。

縦長動画

その分、横動画かかなり横長の動画まで対応しているので、普通に撮影した動画であればそのままの形で投稿できます。

横長動画

複数動画を投稿するときは同じアスペクト比が適用される

複数動画を投稿する場合は、全て正方形になり、同じアスペクト比が適用されます。縦長動画は上下が切り取られ、横長動画は左右が切り取られます。
動画ごとに長方形や正方形を選択することはできないため、注意が必要です。

サイズを外部アプリに変更したいのならば正方形どん

正方形どんを使用すると動画の周りに余白を入れて、長方形の動画でも正方形にしてくれます。動画のトリミングをしたくない場合は正方形どんを使用しましょう。

正方形どん

正方形どん
開発元:FANG Inc.
無料
posted withアプリーチ

使い方は簡単。
正方形どんを起動してAndroidは「アルバム」、iPhoneでは「タップしてスタート」をタップ。
インスタの動画サイズ

編集したい動画をタップ。
インスタの動画サイズ

動画の周りに余白が追加されるので、「保存」をタップすれば完了です。
インスタの動画サイズ

動画投稿の仕様を理解してインスタを楽しもう

デフォルトでは正方形にトリミングされることや長方形として投稿するためには、インスタ内の機能を利用しなければいけないといった仕様があるインスタ。この仕様を理解していないと少し動画投稿は難しい側面があります。

一方、仕様がわかってさえしてしまえば簡単です。インスタの動画によるコミュニケーションを存分に楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました