フェイスフィルター

Instagramの「ライブ配信」でフィルターが使えるようになった!

これまでInstagramのライブ配信では、視聴者がコメントを送ったり、ハートを送ったりするだけでした。今回の機能追加で、配信者の顔に「フェイスフィルター」が使えるようになりました。

スポンサーリンク

ライブ配信でファイスフィルターを使う方法

まず、画面上部にある「カメラ」ボタンをタップします。

カメラボタン

そしてカメラのモードを「ライブ」に切り替えます。

ライブモード

「ライブ動画を開始」ボタンの右側にあるフェイスフィルターボタンを押すと、フィルターをかけることができます。

フェイスフィルター

これでライブ動画を開始すれば、この状態でライブが配信されます。また、途中でフィルターを切り替えることもできます。実際にどのような感じになるのか動画(29秒)でご覧ください。

スポンサーリンク

動画でのコミュニケーション

Instagramは動画でのコミュニケーションに力を入れています。今回のライブ機能にフェイスフィルターを導入したのはその一環で、「ストーリーでアンケートスタンプ」を導入したりと、コミュニケーションの手段も積極的に追加しています。これに対抗してLINEも機能追加を頻繁に行っており、「熱い」分野になっています。