iOS端末からLINEにWordやExcelのファイルを添付する方法

iPhone

iOS端末からLINEにWordやExcelのファイルを添付する方法

投稿日: コメント (0)


IPhone_home

iOS 11にアップデートされてから「ファイル」というアプリが追加され、iPhoneやiPadなどの端末内やiCloud Drive内はもちろん、DropboxやGoogle Driveなど外部ストレージサービス内のファイルも参照したり共有できるようになりました。既に活用しているという方もいらっしゃる事でしょう。

今回はそんな「ファイル」アプリを活用した技を一つご紹介します。

スポンサーリンク

PCからは添付できるのですが…

Line_app_download

コミュニケーションアプリ「LINE」のトーク機能は、文字や画像だけでなく、Office等のファイルを添付する事もできますが、ファイルを添付できるのは、2017年11月現在、PC版およびAndroidアプリ版のLINEのみであり、iOSのアプリからは添付する事ができません。

しかし、直接添付はできませんが、iOS端末からも「ファイル」アプリとiCloud Drive経由でファイルの添付ができるのです!

Officeアプリからは「コピーを送信」

まずは添付したいファイルが保存されている形式のOfficeアプリを起動し、ファイルを選択します(今回は「LINEに添付」という件名のdoc形式ファイルを添付する為、Wordを起動します)。

word_send_copy

ファイルを開いたら、画面右上の「共有」ボタンをタップします。

word_send_copy

「コピーを送信」を選択します。

word_send_by_another_application

共有する方法で、「別のアプリケーションで送信する」を選択します。

word_save_file

画面下にアプリに選択画面が表示されるので、「ファイルに保存」を選択します。

iclouddrive_choice_new_location

「ファイル」アプリが起動しますので、項目追加の画面で「iCloud Drive」を選択しますが、この時iCloud Driveにファイルを保存する事が許可されている必要があります。

万一許可の設定がされていない場合は、「設定」アプリを起動し、「アカウントとパスワード」→「iCloud Drive」と進み、設定をオンにしてください。

iclouddrive_add_new_file

(一時的に)保存する場所を決めたら、画面右上の「追加」をタップすると、iCloud Drive上にファイルが保存されます。保存後、一旦ホーム画面に戻ります。

iCloud Drive上から、添付するファイルを選択する

iclouddrive_add_file_on_line

再度「ファイル」アプリを起動し、先程ファイルを保存した場所に進んで、当該のファイルを選択し、画面右上の「完了」をタップします。

send_new_massage_by_line

当該のファイルが開かれますので、画面右上の「共有」ボタンをタップします。

add_file_on_line

画面下にアプリの選択画面が表示されるので、「LINE」を選択しますが、この時LINEのアクティビティがオンになっていないとLINEが選択できません。

LINEのアクティビティをオンにする場合は、選択画面の上段をスクロールして「その他」を選択し、LINEのアクティビティをオンにしてください。

add_file_on_line

LINEのトーク作成画面が表示されますので、ファイルが添付されている事を確認の上、送信先と本文を入力して送信します。これで全て完了です!

いかがでしょうか。

少し手間が加わりはしますが、こうする事でLINEにOfficeのファイルを添付する事ができますので、是非お試しください!

-iPhone -, , ,

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

村越友樹

通信会社のコールセンターSVやWebコンテンツサービスの営業を経て独立し、
PCやモバイル端末のコンサルティングや講習、マニュアル作成などを手がけている。
IT関連の他に、鉄道や旅行の分野にも明るく、その分野での執筆経験もあり。
自他ともに認める「乗り鉄」であり、長時間列車に乗って移動する事も厭わない。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加