【iPhone】Touch IDでの指紋認証は複数設定・追加するとロック解除に便利!

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

 

Touch IDとは

Touch IDとは、従来であればパスコードでロック解除していた代わりに、生体認証(指紋)でロック解除できる技術です。短いパスコードでも4桁をタップしないといけませんが、Touch IDであればホームボタンを押すだけで、認証されロック解除されます。

Touch IDを設定する

Touch IDで使う指は複数設定できます。iPhoneの初期設定でひとつだけTouch IDを登録したと思います。それに追加して、別の指を登録できます。「設定」アプリの中ほどにある「Touch IDとパスコード」をタップします。

Touch IDの設定

そしてパスコードを入力します。

パスコードの入力

続いて、「指紋の追加…」をタップします。

指紋の追加

初期設定では設定しなかった別の指で、指示に従ってTouch IDの設定をします。

追加完了

このようにして、いろいろな指の設定を追加できます。

設定された状態

Touch IDの使い方

Touch IDは、iPhoneのロック解除に一番よく追加いますが、「App Srore」でアプリを購入する際にもTouch IDを使うことができます。また「Apple Pay」でお金を支払う時にもTouch IDを利用できます。

Touch IDで支払う

スポンサーリンク

Touch IDは複数登録が可能!

Touch IDは複数の指を登録することができます。最初に設定したものが左手の親指なら、右手の親指も設定しておくと便利です。どちらの手でもiPhoneを手に取るからです。

どの指を登録するべき?

筆者は最初、左手親指、右手親指に加え、いろいろな指を設定していましたが、結局は片手どちらかの親指を使うことがほとんどです。この2本の指だけの設定にしておくと、認識にかかる時間が早くなります。自分の使い方を観察してみて、登録する指を決めたいところです。

同じ指を登録して快適にロック解除

Touch IDでロックを解除するのはとても便利ですが、なかなか認識しなくてイライラすることもあります。そんな時に認識率を上げる方法として、同じ指を複数登録する方法があります。どういうことなのかお伝えします。

Touch IDに同じ指を登録する

設定画面から「Touch IDとパスコード」を選択してください。パスワードを求められるので入力します。
「Touch IDとパスコード」画面が表示されるので左手の親指を当ててみると「指紋1」として認識していることがわかります。

指紋1の認識

何度か認識させてみると、左手の親指を「指紋2」として認識することがあります。これは左手親指を「指紋1」と「指紋2」に登録しているためです。

指紋2の認識

「指紋1」で認識に失敗しても「指紋2」でサポートするため、認識率が上がるというテクニックになります。

実際に同じ指を登録する

実際に同じ指を二つ設定してみます。「指紋4」には右手の親指が既に設定されています。そこで「指紋を追加…」をタップします。

指紋の追加

そして右手の親指でTouch IDを設定します。

追加完了

すると「指紋5」として右手の親指が設定できました。これで、左手の親指と同じように、「指紋4」のサポートとして「指紋5」が働きます。

設定された状態

Touch IDは機械学習で認識率が上がる

Touch IDが認識しないからといって、何度も設定し直すのはあまりよくありません。Touch IDは認識を繰り返し学習することによって、指紋認証の精度が上がっていくからです。認識しない場合は今回紹介した方法で、追加でサポートすることによって、認識率を上げた方が良いでしょう。

 

ロック解除できない時の対処法

iPhoneのセキュリティを高めるため、ロック解除にTouch IDを使っている場合がほとんどだと思われます。しかし、Touch IDが認識せずロック解除できない場合もしばしば。そんな場合の原因と対処方法をお伝えします。

ケース1:指先の状態が良くない

これが一番多いケースだと思われます。特に夏場は汗などで指先が濡れていると、Touch IDは認識に失敗します。その場合は簡単に指先を拭いてみてください。それで認識するようになれば、これが原因です。

同様に指先が乾燥しすぎていても認証に失敗します。一度、水や保湿クリームをつけて拭き取ってから試してみてください。それで認識するようであればこれが原因です。

ケース2:ホームボタンが汚れている

毎日使うホームボタン。知らず知らずの間に汚れていることがあります。よく見てみると汚れが見えるかもしれません。そうでなくても、ディスプレイを拭く時と同様にホームボタンを拭いてみてください。それで認識するようになれば、これが原因です。

ケース3:認識の精度が悪い

Touch ID追加登録

上にあげたような原因がみられない場合、自分の肌の体質として認識するのが難しいのかもしれません。そこで試してみていただきたいのが、同じ指を2回登録することです。左手の親指をいつも使うようであれば、左手の親指を一度設定し、もう一度、左手の親指を登録するのです。

すでにTouch IDの登録は済ませてあると思いますので、必要性の低い指を消して、必要性の高い指を追加登録してみてください。これで認識の確率が上がるとともに認識の速度も上がる可能性があります。

 

反応しない時は指紋登録数が多すぎるかも

Touch IDでどの指が登録されているか確認

既に5つまで登録がされている場合、どれがどの指かわからなくなっているかもしれません。その時には、Touch IDの設定画面で確認することができます。「設定」アプリの中ほどにある「Touch IDとパスコード」をタップします。

Touch IDの設定

そしてパスコードを入力します。

パスコードの入力

ここで、左手親指と右手親指をそれぞれホームボタンで認識させると、どれがどの指なのか表示してくれます。動画でみていただきましょう。

この場合、指紋1と指紋4がそれぞれの親指であることがわかりました。

必要ない指の登録を消す

両手の親指以外がどの登録かわかったら、その指紋登録を削除します。指紋を左にスライドすると「削除」というボタンが出てきますので、それをタップすると削除されます。

指紋の削除

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー