【iPhone iOS11.3】アプリの購入履歴を削除・非表示・復元する方法

iPhone

【iPhone iOS11.3】アプリの購入履歴を削除・非表示・復元する方法

投稿日: コメント (0)


iPhoneでアプリを購入すると、iCloudに購入履歴が保存されます。それ以降はアプリを削除しても購入履歴だけが残ります。その履歴を削除/非表示にする方法はiOS11から変更となりました。それをお伝えするとともに、復元する方法もご紹介します。

スポンサーリンク

iPhoneを使って、アプリの購入履歴を削除する方法

App Storeでアプリをインストールして、それを削除しても、このように購入した履歴がわかるようになっています。過去のバージョンではiTunesを使ってアプリの購入履歴を削除することができましたが、iOS11になりApp Storeの扱いが変わりました。現在は、iPhoneでアプリの購入履歴を削除するようになっています。

アプリ画面

まず「Today」や「アップデート」のタブに移動して、右上にある「人型」のアカウントボタンをタップします。

アカウントボタン

アカウントメニューから「購入済み」をタップします。

アカウントメニュー

履歴を削除したいアプリを左へスライドします。
左へスライド

「非表示」ボタンが現れますので、これをタップします。

非表示ボタン

するとまず、購入履歴からは削除されます。

購入履歴

そして、アプリをダウンロードする画面をみてみると、「入手」と一度もダウンロードしていない状態と同じ表示になります。

アプリ購入画面

これで削除および非表示は完了ですが、iPhoneにアプリをインストールしたままでは非表示にできません。また、iPhoneを2台持っていて片方にインストールしたままでも、「同じアカウントであれば」ダウロードした履歴は残った状態で表示されます。

iTunesで非表示にしたアプリの購入履歴を復元する方法

アプリ購入履歴の削除、非表示はiPhoneから行いますが、これを復元し履歴に再表示するためには「iTunes」を使います。まず、iTunesを起動して上部のメニューから「アカウント>マイアカウントを表示」をクリックします。

マイアカウントを表示

Apple IDの認証が求められますので、パスワードを入力します。

Apple ID認証

アカウントの管理画面が表示され、中ほどに「iTunes in the Cloud」という項目があります。そこに「非表示の購入済みアイテム」という欄がありますので、「管理」をクリックします。

マイアカウント画面

最初に購入済みのミュージックが表示されています。右上のボタンでこれを切り替えるため「App」をクリックします。

Appに切り替え

非表示の購入済みアイテムが表示されますので、「表示する」ボタンをクリックします。

非表示のアプリ

これでまた、履歴が表示される状態に戻ります。

アプリ画面

Amazon Kindle Unlimitedに登録すれば無料で読むことができます。
PC、スマホ、タブレットにも対応しているのでおすすめです。

-iPhone -,

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加