iCloudのストレージ容量を確認する方法

iCloudには様々なデータを保存しておくことができます。iPhoneのバックアップや写真、書類など…しかし、ストレージ容量がいっぱいになるとそれらのものが保存できなくなってしまいます。ここでは今、iCloudのストレージ容量がどれくらいで、何に使われているのか、確認する方法をお知らせします。

スポンサーリンク

iPhoneでストレージ容量を確認する

まず「設定」アプリを開きます。そしてアカウントをタップ。

アカウントをタップ

そして「iCloud」をタップします。

iCloudをタップ

するとiCloudのストレージ容量と何に使っているのかがわかります。この例では写真とバックアップと書類が同じくらいのストレージ容量を使っています。

ストレージ容量の表示

ストレージ容量の管理もこの画面から

表示の下の方には何を保存しているのか、保存しているもののスイッチがオンになっています。ここでiCloudに何を保存するのか設定することができます。あまりにも写真が多いようであれば、写真をオフにするといいかもしれません。

またiCloudは月々130円でストレージ容量を増やすことができます。筆者はiCloudをよく使うのでストレージ容量をアップグレードしています。ご自分にあったiCloudの使い方をしていきたいところです。

ネット回線に不満があるならNURO光がおすすめ
最大8万3,000円キャッシュバック!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー