【iPhone】ブルーライトをカットして目の負担を軽減する2つの方法

ブルーライトという言葉を聞いたことのあるユーザーは多いと思います。ずっと画面を見続けていることの多いiPhone。ブルーライトが多いと目が疲れる原因となります。ここでは設定でブルーライトを軽減する方法をお伝えします。

この記事の内容は動画でも紹介しています。

【iPhone】設定でブルーライトをカットする方法!

スポンサーリンク


一日中ブルーライトをカットする方法

「設定」アプリから「画面表示と明るさ」をタップします。

設定メニュー

画面表示と明るさから「Night Shift」をタップします。

Night Shift

「Night Shift」は本来、寝る前にあたたかい色の画面にする機能ですが、起きている間はずっとブルーライトをカットする設定にしてみましょう。

「時間指定」のスイッチがオンになっているのを確認したら、「開始時間」を押します。

時間指定

「オンにする」時間を朝起きる時間くらいに設定ます。時間の部分を押すと入力できるようになるので、例えば6時に起きるなら「6」を押すと6:00に設定されます。

6:00に設定

寝ている間は使わないと思いますので、オフにする時間を寝る時間に設定します。例えば22時にねるなら「2」「2」と押すと22:00に設定されます。

22:00に設定

時間指定の設定ができたら「Night Shift」を押して戻ります。

Night Shift

Night Shiftの設定ですが、ブルーライトをカットするだけでいいので「色温度」のスライダを「冷たく」の端までスライドさせます。これで本来の色はほとんど変わらずにブルーライトをカットできます。

色温度

これで設定は完了です。

スポンサーリンク

必要な時だけブルーライトをカットする方法

まずは「設定」開いて「画面表示と明るさ」をタップします。

設定メニュー

画面表示と明るさから「Night Shift」をタップします。

Night Shift

「時間指定」のスイッチをオフにします。

時間指定

ブルーライトをカットするだけでいいので「色温度」のスライダを「冷たく」の端までスライドさせます。これで本来の色はほとんど変わらずにブルーライトをカットできます。

色温度

そして、ブルーライトをカットしたいときは、Touch IDのiPhoneは下からスワイプして「コントロールセンター」を出します。Face IDのiPhoneは右上の端から下にスライドすることで「コントロールセンター」を出します。

「画面の明るさ」の設定を長押しもしくは押し込むと、Night Shiftのスイッチが出てきます。

画面の明るさ

「Night Shift」のスイッチを押します。

Night Shift

この状態でブルーライトがカットされています。

Night Shiftオン

このままでずっと使ってもいいかもしれませんね。

コメント

  1. 匿名 より:

    ブルーライトをカットするのは、「冷たく」ではなく、「暖かく」ではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました