【iPhone】【iOS14】iCloudキーチェーンを削除する方法

iCloudキーチェーンは便利です。パスワードやクレジットカードの情報をiCloudに暗号化して保存できます。しかし、削除したいとなった場合はどうしたらいいのでしょうか。iCloudキーチェーンを削除するためには全てのAppleデバイスでキーチェーンをオフにする必要があります。

iOS14を使って解説しています。
この記事は動画でも解説しているのであわせて参考にしてください。

【iPhone】iCloudキーチェーンを削除する方法【Mac】

スポンサーリンク


「iCloudキーチェーン」を削除する方法

もしAppleのデバイスをiPhoneしか持っていないのであれば、iCloudキーチェーンをオフにすれば削除されます。そのためにまず、「設定」を開いて、「アカウント」をタップします。

設定メニュー

そして、「iCloud」をタップ

iCloud

続いて、「キーチェーン」をタップ

キーチェーン

「iCloudキーチェーン」のスイッチをオフにします。

キーチェーン設定

これでiCloudからキーチェーンが削除されました。しかしパスワードはiPhoneに残ったままになっています。パスワードを確認してみましょう。設定を開いて「パスワード」を押します。

パスワード

パスコードを入力します。

パスコード

このように画面の例ではひとつだけになっていますが、パスワードが残っています。もしこの保存されたパスワードも消したければ、消したい項目を左にスライドさせます。

パスワード

すると削除ボタンが出てくるので押すとパスワードが削除されます。

削除ボタン

スポンサーリンク

他にもAppleデバイスを持っている場合のiCloudキーチェーン削除

もしiPhoneやMacBookなど他のAppleデバイスでもiCloudキーチェーンを使っているようであれば、全てのデバイスでiCloudキーチェーンをオフにすることでiCloudキーチェーンが削除されます。

例えばMacを持っている場合は「システム環境設定」を開いて「Apple ID」をクリックします。

システム環境設定

iCloudに保存されている情報の一覧に「キーチェーン」という項目があります。

キーチェーン

このチェックを外します。

チェック

全てのデバイスでiCloudのキーチェーンをオフにすれば完全にデータが消去されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました