【iPhone】3Dタッチが邪魔!機能をオフにして快適にする方法

iPhone6s以降には3Dタッチ機能がついています。機能のショートカットができるなど便利なものですが、いまひとつ普及しておらず思わぬところで反応してイライラしているかもしれません。ここでは3Dタッチの設定方法をお伝えします。

スポンサーリンク


iPhoneの3Dタッチをオフにする方法

まず「設定」アプリを開き、中ほどにある「アクセシビリティ」をタップします。

アクセシビリティ

アクセシビリティの中から「タッチ」をタップします。

タッチ

「3D Touchと触覚タッチ」という項目があるので押します。

3D Touch

ここに「3D Touch」のスイッチがあるのでオフにします。

スイッチ

これで3D Touchがオフになりました。

スイッチオフ

スポンサーリンク

3Dタッチの強さを変えてみるのも

もし、思わぬところで3Dタッチしてしまい邪魔になっているのであれば、「3D Touch」の設定の感度を変えてみるのも方法のひとつです。

「3D Touch」のスイッチはオンにして「3Dの感度」を「強い」にします。

強い

「タッチの継続時間」を「遅く」にします。

遅く

このようにすれば、強く長く押さないと3D Touchにならないので、思わぬ誤操作を防げるかもしれません。画面下の花の絵を押してみることで、どの程度押したら3Dタッチになるのか確認することができます。

Appleとしても、3D Touchの機能はわかりにくいと考えているようで、3D Touchを使わなくてもたいていは長押しで同じ操作ができるようにしています。上で解説したように3D Touchの感度を変えてもしっくりこないようであればすっきりとオフにした方がいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました