iPhoneで動画を編集する方法!YouTuberのような動画も!

iPhoneで動画を編集したい。
YouTubeが大人気の今、動画を編集してみたいという人は結構いるのではないでしょうか。でもパソコンの動画編集アプリを使うとなると難しかったり有料だったりします。ここではiPhoneを使っていれば誰でも使える「iMovie」の使い方をお伝えするとともに、YouTuberのような動画を制作する方法もお伝えしていきます。

スポンサーリンク


iPhoneで動画を編集するならiMovie

Appleが作ったiPhoneを使っているのであれば同じApple製の「iMovie」がもっとも手軽な動画編集アプリになります。AppStoreから「iMovie」をインストールすれば誰でも使えます。

AppStoreを開いて「imovie」を検索します。

AppStore検索

するとiMovieが見つかるので「入手」をタップします。

iMovieインストール

これでiMovieが使えるようになりました。

スポンサーリンク

iPhoneに動画を取り込んで編集の準備

では実際にiMovieを使ってみます。インストールしたiMovieを開きます。

iMovieを開く

ようこそという画面が表示されるので「続ける」をタップします。

ようこそ画面

iMovieで動画を編集するために「プロジェクト」を作成を押します。1つのプロジェクトで1つの動画を編集することになります。

プロジェクト作成

「写真」アプリ内の画像と動画が表示されるので編集したい動画を選択します。

動画選択

動画を選択したら「ムービーを作成」を押します。

ムービーを作成

これでiMovieのプロジェクトに動画が取り込まれます。

タイムライン

このたての線が編集する位置で、これを左右に動かして編集するのが基本的な使い方です。

スポンサーリンク

iPhoneで動画を編集する

では実際に動画を編集していきますが、動画の編集とは何をするのでしょう。YouTubeなどで公開するような動画の場合は「不要な部分をカットする」カット編集がほとんどの作業になります。ダラダラと撮影した動画の良い部分だけを残して不要な部分をカットし、観ていて飽きない動画にします。

カット編集自体はそれほど難しくありません。ビデオを左右に動かして不要な部分があったら不要部分の始まり部分に編集点を合わせてタップします。

カット開始

すると下部にメニューが出るので「分割」を押します。

分割ボタン

今度は不要な部分の最後に編集点を合わせて先ほどと同じように「分割」します。

カット終了

これで不要な部分が切り出されたのでこの部分をタップして選択し「削除」を押します。

シーン削除

不要な部分のカット編集ができました。

カット編集完了

先ほども書いたようにYouTubeなどの動画編集ではこの作業がほとんどです。リズムよく進めるためにシーンとシーンを繋ぐ「トランジション」を使うことはありません。テンポ良くみていて飽きない動画に編集していきましょう。

iPhoneでインスタやTikTokの縦画面動画を編集する

ちなみにTikTokやInstagramのストーリーのような縦動画を編集するためにはちょっと工夫が必要です。こちらの動画で解説しているので参考にしてください。

iPhoneで動画にテロップを入れる編集方法

YouTuberの動画をみていて気づくと思いますが、ほとんどのYouTuberが自分の発言に「テロップ」を入れています。これでよりわかりやすい動画になるわけです。iMovieではテロップではなく「タイトル」の機能を使ってテロップを入れていくことになります。

テロップを入れるシーンをタップして選択して「T」のアイコンのタイトルボタンを押します。

タイトルボタン

この大きなタイトルは不要ですので「x」ボタンを押して削除します。

タイトル削除

このサブタイトルも不要ですので「x」ボタンを押して削除します。

サブタイトル削除

一番下のタイトルをテロップとして使います。テロップを入力します。

テロップ入力

これで動画にテロップを入れることができました。

テロップ完成

編集した動画にiPhoneの音楽を入れる

動画の基本的な編集ができたら最後にBGMを入れましょう。ただしYouTubeなどで公開する場合には著作権を侵害しないように注意する必要があります。おすすめしたいのは著作権フリーのBGMを使うことです。

例えばこのチャンネルではたくさんのBGMがフリーで公開されていますので雰囲気に合うBGMが見つかるでしょう。

BGMをダウンロードしたらパソコンのiTunesに音源を取り込みます。

iTunes

そしてiPhoneをパソコンに繋いで同期します。ミュージックを同期にチェックを入れるようにしましょう。そして「適用」もしくは「同期」ボタンを押すと、パソコンの音源がiPhoneに同期されます。

適用ボタン

またiPhoneのiMovieの説明に戻ります。動画の一番最初に編集点を合わせて「+」ボタンを押します。

+ボタン

メニューの中から「オーディオ」を選択します。

追加メニュー

「マイミュージック」を選択します。

マイミュージック

「曲」を選択します。

曲

先ほどパソコンと同期した曲を選択します。

曲を選択

音楽が流れるのでこれでよければ「+」ボタンを押します。

+ボタン

これで動画の下に緑の線が置かれました。これがBGMになります。

BGM完了

編集した動画をiPhoneに保存する

編集してテロップをつけてBGMをつければ動画は完成です。最後に「動画を保存する」作業をしてカメラロールに保存すれば、YouTubeやインスタなどにアップロードができるようになります。

iMovieの画面で編集の「完了」ボタンを押します。

完了ボタン

プロジェクトの画面で下部の「共有」ボタンを押します。

共有ボタン

メニューから「ビデオを保存」を選択します。

ビデオを保存

「HD – 720p」を選択します。これはハイビジョンテレビと同等の画質で、YouTubeなどで一般的に使われる画質になります。

画質選択

動画がカメラロールに保存されると「このムービーはフォトライブラリに書き出されました。」と表示されます。「OK」を押せば完了です。

保存完了

iPhoneでYouTuberのような動画を編集する

ここまでiPhoneのiMovieで基本的な動画の編集方法をお伝えしてきました。ここからはもう一歩進んで「YouTuberのような動画」をiPhoneで制作する方法をお伝えします。

YouTuberのような動画とはどんな動画をイメージしますか?基本的にはオープニングがあってYouTuberが登場して全ての発言に目立つテロップがついているような動画です。このような動画を編集するにはiMovieではちょっと機能が足りません。

YouTuberのような動画を作れるアプリ

まずはYouTuberのような動画を作るアプリはどんなアプリがいいのか比較しています。「iMovie」ではちょっと機能が足りませんので、「Splice」「Pocket Video」というアプリを使ってみてその機能を紹介しています。

YouTuberのようなオープニングを作る

動画を制作するにあたってオープニングは重要です。YouTubeなどの動画をみる視聴者は、動画の最初の部分をみただけでその動画を最後までみるか判断します。最後までみてもらえるようなオープニングをiPhoneだけで制作しています。

iPhoneでYouTuberの動画を撮影する

YouTuberのような動画を撮影するために高価なカメラや高性能なマイクは必要でしょうか。iPhoneで動画を編集するのですから、撮影もiPhoneで充分でしょう。ここではiPhoneを使って撮影するための機材やマイクなどを紹介しています。