使わせたくない!iPhone/iPadでアプリをロックする方法

子供にスマホを使わせるとプライバシーが心配。そのような親は多いと思います。親は保護者ですので、子供にiPhoneやiPadを使わせる場合、ロックをかけておきたいアプリもあるでしょう。

この記事ではiPhone/iPadでアプリにロックをかける方法をご紹介します。
同様の内容を動画でも案内していまますので参考にしてください。

使わせたくない!iPhone/iPadでアプリにロックをかける方法!

スポンサーリンク


アプリの制限はスクリーンタイム(ペアレンタルコントロール)から設定する

最近のiOSから搭載されたスクリーンタイムは、iPhoneを使いすぎないようにするよう制限をかける機能です。この機能を用いて子供のiPhoneに制限をかけることになります。

「子供のiPhone」の設定を開いてスクリーンタイムを押します。

スクリーンタイム

「スクリーンタイムをオンにする」を押します。

スクリーンタイムをオンにする

スクリータイムの説明が表示されるので「続ける」を押します。

続ける

「これは子供用のiPhoneです」を選択します。これでペアレンタルコントロール、つまり親による管理ができるようになります。

子供用のiPhoneです

「休止時間」については「あとで行う」を押します。

あとで行う

「App使用の制限」も「あとで行う」を押します。

あとで行う

「コンテンツとプライバシー」で「続ける」を押します。

続ける

ここで「パスコード」を決めます。これは子供のiPhoneのパスコードではなく、親が子供を管理するためのパスコードです。つまり子供にこのパスコードがわかるようでは意味がなくなります。

パスコード入力

「自分(親)のiPhone」のApple IDとパスワードを設定します。これで子供のiPhoneに親のiPhoneのApple IDが登録されます。

Apple ID

スクリーンタイムの画面になったら、スクリーンタイムのペアレンタルコントロール設定はいったん完了です。

設定完了

スポンサーリンク

子供が使えないアプリを設定する方法

さてここからアプリをロックする方法を解説していきますが、アプリをロックできるのはiPhone標準のアプリだけになります。Appleのポリシーからその他のアプリは年齢制限でロックをかけることになります。

iPhoneのアプリにロックをかける方法

先に、iPhoneの標準アプリにロックをかける方法を説明しておきます。「スクリーンタイム」の画面で「コンテンツとプライバシーの設定」を押します。

スクリーンタイム

「許可されたApp」を押します。

許可されたApp

先ほど設定した「親のパスコード」を入力します。

親のパスコード

この画面でアプリにロックをかけることができます。「Face Time」などは通話時に子供の顔がわかってしまいますのでロックをかけておくとプライバシーを守ることができます。

ロックするApp

子供がアプリを使えないように年齢制限をかける方法

「スクリーンタイム」の画面で「コンテンツとプライバシーの設定」を押します。

スクリーンタイム

「コンテンツ制限」を押します。

コンテンツ制限

先ほど設定した「親のパスコード」を入力します。

親のパスコード

今、「App」の制限は「12+」つまり、子供が12歳以上なら使っても問題ないとAppleが審査したアプリが使えるようになっています。

12歳以上

この状態のホーム画面をみると「LINE」と「TikTok」が使えるようになっています。

ホーム画面

ここで「App」の制限の部分を押します。

App制限

そして「9歳以上」に設定を変更します。

9歳以上

このように設定してホーム画面をみてみます。

年齢制限

すると「LINE」と「TikTok」は使えないよう画面から表示が消えます

ホーム画面

スポンサーリンク

親子で話し合いをするべきアプリの使い方

ここまで解説してきましたが、おそらく多くの親御さんが「LINEは使わせたいけれどTikTokは使わせたくない」と考えるのではないでしょうか。

アプリ詳細

しかしAppleとしては、LINEを使う危険性もTikTokの危険性も同程度と審査しています。何歳以上なら使っても問題ないのか(レーティングと言います)はアプリの詳細画面でわかります。

LINEは便利で安全なように思えますが、子供のバーコードをメールで送ってしまえば、悪意のある第三者から容易に連絡を取ることができます。つまり危険性はTikTokとかわりありません。

どうしてもTikTokを使わせたくないのであれば、LINEも使えないようにしてSMSで親子の連絡を取ることができます。しかしこの方法では、お子さん自身の学校でのコミュニケーションが不便になることが考えられます。

もしご自分のお子さんが12歳くらいである場合、LINEやTikTokなどを使うのか使わないのかお互いに話し合って危険性を理解してからアプリを活用するように推奨されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました