【iOS11】iPhoneのキーボードでカーソルを簡単に移動する方法

iPhone

【iOS11】iPhoneのキーボードでカーソルを簡単に移動する方法

投稿日: コメント (0)


iPhoneでカーソル、文字の入力位置を移動させるためには、指で長押ししてスライドさせることで目的の場所へ移動すると思います。しかし、3D Touchを使えばもっと楽に移動することができます。その方法をお伝えします。

スポンサーリンク

3D Touchでトラックパッドモード

カーソルを移動させようとする時、キーボードを強く押し込みます。すると、キーボードの文字が消えてトラックパッドのモードになります。そしてマウスのポインタの代わりとして黄色のカーソルが現れます。このような状態です。

トラックパッドモード

そして、強く押し込んだまま指を動かすとカーソルが移動します。5秒ほどの動画を観ていただきましょう。




3D Touchでトラックパッドのモードにした後、指を離さずもう一度キーボードを押し込むと文字を選択できるようになります。指を離さずに2回、3D Touchをするのがポイントです。これは10秒ほどの動画を観てください。

別の手段として「Gboad」を使う

こちらの記事で紹介した「Gboard」を使うと、英語の時だけ、矢印キーでカーソル移動ができます。

もし英語をよく使うようでしたが、Gboardは「グライド入力」も便利ですので試してみてはいかがでしょうか。

3D Touchに隠れてしまった矢印キー移動

以前のバージョンのiOSでは標準の英語キーボードでも矢印キーの移動ができていました。しかし3D Touchの普及があるからか、その機能はなくなったようです。いずれにしても、この3D Touchによるカーソル移動は覚えておいて損はないでしょう。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-iPhone
-, ,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

【iPhone】アプリのアイコンをまとめて移動させる方法【iOS11.2】

iOS11からの新機能「アプリのアイコンをまとめて移動」ですが、iOS11.2から少し操作方法が変わりました。どのようになったのか紹介します 【iPhone】第二のホーム画面「ウィジェット」のカスタマ …

Googleアカウントの2段階認証を楽にする「Google Authenticator」でセキュリティを確保。

近頃、パスワードの使い回しなどで乗っ取りが多くなっています。もちろんパスワードを使い回さないことが基本ですが、他にも「2段階認証」でセキュリティを向上させておくのも手段のひとつです。大事なGoogle …

【iPhone】Safariでクレジットカード番号を即入力する方法【iOS11】

インターネットでのショッピング等で一番よく利用される決済手段はクレジットカードでしょう。しかし、あの長い番号を入力するのは面倒。iOS11では、カード番号を読み取って、自動で入力してくれる機能がSaf …

iCloudのメールや写真などのデータを確認する方法

様々なデータをバックアップしておけるiCloud。しかし、いったいどこまでバックアップされているのか、確認したい時があるかもしれません。ここではパソコンを使ってiCloudに保存されている内容を確認す …

【iPhone】iTunesでバックアップしたiOSを復元する方法

iPhoneなどiOS端末の不具合や初期化などで、バックアップからの復元が必要になるかもしれません。新しいiPhoneにデータを移行するためにバックアップからデータを復元する必要もあるでしょう。ここで …