iTunesを使わずにPCの動画をiPhoneに転送する方法!!

解約違約金、各種手数料も負担!
最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

パソコンからiPhoneに動画を転送するために、以前はiTunesを使う必要がありましたが、iOS11からは「ファイル」アプリとiCloudを利用して、簡単に転送することができます。iCloudは無料で5GBの容量があるため、誰でも使うことができます。

パソコンからiCloudに動画を転送する

まずは、「https://www.icloud.com」にアクセスしてApple IDとパスワードを入力します。

Apple IDの入力

iCloudのメニュー一覧が出てきますので、「iCloud Drive」をクリックします。

iCloud Driveをクリック

そして、iCloud Driveのウインドウに、転送したい動画をドラッグ&ドロップ(マウスで画面まで引っ張っていき、ウインドウ上でクリックボタンを離す)します。

ファイルをアップロード

すると、iCloud Driveに動画がアップロードされます。

アップロード完了

スポンサーリンク

iPhoneの「ファイル」アプリを使って動画を保存する

フォルダのアイコン「ファイル」アプリをタップします。これはiOS11から搭載されたアプリになります。

ファイルアプリ

iCloud Driveに先ほどアップロードしましたので、ブラウズ画面で「iCloud Drive」をタップします。

ブラウズ画面

すると、先ほどアップロードした動画があります。それをタップします。

動画をタップ

動画の画面が開きます。ここから再生をすることもできますが、iPhoneに保存する場合は下部にある共有ボタンをタップします。

動画画面

「ビデオを保存」というボタンがありますので、保存すればiPhoneのカメラロールに保存されます。

ビデオを保存

iCloud上の動画を削除する

転送した後、動画がiCloudにあると容量を圧迫するかもしれません。その場合は削除しておきましょう。「ファイル」アプリのブラウズ画面で、動画ファイルを左へスライドすると「削除」ボタンが出てきます。それをタップすると削除できます。

動画の削除

パソコンからiPhoneへ動画を転送する方法を動画でご紹介!

先に説明したような一連の操作を動画で紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

Amazon Kindle Unlimitedに登録すれば無料で読むことができます。
PC、スマホ、タブレットにも対応しているのでおすすめです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー