盗難・紛失したときにiPhoneを探す方法

iPhone

盗難・紛失したときにiPhoneを探す方法

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

「自分のiPhoneがない!」とてもあせる状況だと思われます。しかし、iPhoneを使っていれば「iPhoneを探す」機能が基本的にオンになっているでしょう。その機能を使って、パソコンからiPhoneを探す方法をお伝えします。

スポンサーリンク

事前に確認しておきたいこと

やはり、突然の事態に備えて「iPhoneを探す」機能がオンになっているか、確認しておきたいところです。「設定」アプリの「自分のアカウント>iCloud」とタップしていくと、オンになっているかどうかがわかります。

iPhoneを探すの確認

そうは言っても紛失してからでは確認できません。基本的にはオンになっているので、次からの方法を試してみましょう。

「iCoud.com」からiPhoneを探す

まずはパソコンから「https://www.icloud.com」にアクセスします。そして、Apple IDとパスワードを入力します。

iCloud

するとiCloudで使える機能一覧が表示されますので、「iCloudを探す」をクリックします。

機能一覧

iCloudを探す画面にになりますので、「全てのデバイス」をクリックします。

iPhoneを探す画面

そして探したいiPhoneをクリックします。

iPhoneの選択

すると、iPhoneが現在どこにあるかがわかります。ここでは取り戻せるよう「紛失モード」を使ってみます。

紛失モード

クリックすると、電話番号の入力画面になります。これはiPhoneの電話番号ではありません。拾った人に連絡して欲しい先、例えば家族の電話番号などを入力します。そして「次へ」をクリックします。

電話番号の入力

すると、紛失したiPhoneに表示するメッセージの入力画面になります。ここで入力したメッセージと先ほど入力した電話番号が、紛失したiPhoneのロック画面に表示され、ワンタップで電話がかかってくるようになります。

メッセージの入力

これで誰かが拾ってくれれば電話がかかってくる可能性があります。しかし、電話がないようだったら、紛失モードの横にある「iPhoneの消去」で個人情報を消してしまうという緊急対応もできますので覚えておくといいでしょう。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-iPhone
-

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iCloudのストレージとは?使い方や管理方法

ストレージとは日本語でいう「記憶装置」のことです。パソコンなどのハードディスクドライブなどもストレージです。「iCloudストレージ」となると、iCloudにインターネット経由で記憶させておく倉庫のよ …

iOSのバックアップ場所を確認する方法

iPhoneのバックアップはiCloudに保存しておくか、パソコンに保存しておくかを選択することができます。自分のiPhoneのバックアップがどこに保存されているのか、確認する方法をお伝えします。 i …

使用しないをタップ

【iPhone】iCloudキーチェーンを削除する方法

iCloudキーチェーンは便利です。パスワードやクレジットカードの情報をiCloudに暗号化して保存できます。しかし、削除したいとなった場合はどうしたらいいのでしょうか。iPhoneでキーチェーンをオ …

【iPhone】Gmailを自動で振り分けする方法

GmailをiPhoneで使っていて、特定のメールを自動で振り分けしたいことがあるかもしれません。その場合の設定方法をここでお伝えします。 【iPhone】Safariで「行動追跡広告」をブロックする …

【iPhone】指紋認証でロック解除できるTouch IDとは

Touch IDとは、従来であればパスコードでロック解除していた代わりに、生体認証(指紋)でロック解除できる技術です。短いパスコードでも4桁をタップしないといけませんが、Touch IDであればホーム …