iPhoneのiMovieで縦動画を編集する方法!TikTokやInstagramに!

解約違約金、各種手数料も負担!
最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

TikTokやInstagramなど、縦動画を使うアプリが多くなってきました。しかしiPhoneのiMovieは横動画にしか対応していません。ちょっとしたテクニックで縦動画を編集することができますのでご紹介します。

iPhoneのiMovieで縦動画を編集する方法

まずiMovieを開いて、新規プロジェクトを作るために「+」をタップします。

新規プロジェクト作成

動画を作成するので、「ムービー」をタップします。

ムービー作成

そして、編集したい縦動画を選択し、「ムービーを作成」をタップします。

動画選択

そうすると、縦動画の上下が切り取られた状態の編集画面になります。ここで、動画を二本指でひねります。動画でみていただきましょう。5秒ほどの動画です。

これで準備ができました。つまり、縦動画を横にして編集すれば、上下を切り取られずに編集することができます。

動画編集画面

動画をつなぎ合わせる場合、追加した動画もまた上下が切り取られています。上の方法と同様に動画をひねって横にすればつなぐことができます。

動画の追加

スポンサーリンク

iPhoneのiMovieで編集した動画をTikTokなどにアップする方法

編集はできるようになりましたが、これでは縦動画を横にしただけでTikTokなどでは使えません。そこで以下のような手順をふみます。

動画の編集が終わり「完了」をタップしたらプロジェクト画面になります。ここで下部にある「共有」ボタンをタップします。

プロジェクト画面

メニューにある「ビデオを保存」をタップします。

共有メニュー

動画の解像度を選択します。720pで保存しておきます。

解像度選択

保存が終わると通知されますので「OK」をタップします。

書き出し完了

TikTokアプリを開き「+」ボタンをタップして、動画撮影の画面に移動します。ここで「アップロード」ボタンをタップします。

動画アップロード

アップロードする動画を選択します。

動画選択

すると、当然ですが動画は横向きに表示されます。画面下部に「動画を回転」させるボタンがあるのでこれをタップします。

横画面の状態

これで縦動画になりました。

縦動画表示イメージ

あとは楽曲を選んだり、エフェクトをかけたりしてTikTokにアップします。

iPhoneのiMovieで編集した動画をInstagramストーリーなどの縦動画アプリで利用する方法

Instagramのフィードに表示される動画は縦動画に対応していないので、このまま横動画で投稿するしかないと思われます。しかしストーリーズは縦動画です。その場合、App Storeで「ビデオ回転」などの動画を回転させるアプリで縦動画に戻します。

「ビデオ回転」というアプリを使う場合を例にします。アプリを起動して「写真」ボタンをタップします。

写真ボタン

動画が表示されたら「選択」をタップします。

選択ボタン

動画の編集画面で「回転」ボタンをタップします。

回転ボタン

「保存」ボタンをタップすればカメラロールに保存されます。

保存ボタン

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー