Web版iCloud

iCloudの容量プランが変更。月々130円で便利になる「iCloud」のすすめ

Appleのクラウドサービス「iCloud」の容量プランが変更となりました。プランの変更点は大容量になったことですが、月々130円の「50GBプラン」なら使ってみてもいいのではないでしょうか。筆者はこのように使っています。

スポンサーリンク

iCloudの容量プランの価格変更

iCloud料金表
これが新しいiCloudのプランです。「1TBプラン」が廃止となり、「2TBプラン」が2,500円→1,300円になっています。Google Driveが2TBで2,600円ですので、倍のお得感があります。しかしこの、50GBプランに契約するだけでもかなり便利になるのです。

スポンサーリンク

iPhoneのバックアップ

設定をそのままにしておくとiPhoneの重要な情報はiCloudに保存されます。しかし、編集部の一人が機種変更した際、容量が満杯になっていて、最新のバックアップに戻せなかったということが発生しました。このようなことを防ぐために、余裕を持って130円というのは意味があるのではないでしょうか。

メモや文書の共有

筆者は取材のメモをiPhoneのメモアプリに書いています。それがiCloudと同期されるため、パソコンで記事を書く際に、それを参照するのです。まずはiPhoneのメモアプリでメモを取ります。
memo

https://www.icloud.com」にアクセスするとこのような画面になります。

Web版iCloud

この「メモ」をクリックすると、iPhoneにメモした項目が同期されています。

Web版メモ

もちろん、今記事の中に使った画像もiCloud経由でパソコンへ移したものです。筆者はマイクロソフトのオフィスを使っていません。そのかわりに、Web版の「Pages」で記事を書くことがあります。先ほどの画面で「Pages」をクリックすると、Web版Pagesが使えます。

Web版Pages

文書作成ならWeb版Pagesで充分な機能があります。そして、iPhoneアプリのPagesは無料となりました。外出先でちょっとした原稿の変更などができるのは便利です。もちろん、文書はクラウドに保存されているため、消えることはないでしょう。

いろいろ使えるiCloud

もしApple Musicに加入しているなら、iCloudのアップグレードを求められたかもしれません。自分の持っているCDをiPhoneで聴きたい場合、iTunesでCDを取り込み、iCloudで共有しないといけないからです。

iPhoneで撮った写真を全部iCloudに保存しておくのもいいでしょう。新しいiPhoneに機種変更した際、消えてしまうということがありません。これが月々130円で出来るなら、お得なのではないでしょうか?