iCloudのストレージがいっぱい!不足分を削除、購入する方法

iCloudには様々なデータを保存できますが、無料で使えるストレージの容量は5GBしかありません。ここでは不足した容量を確保する方法と、容量を購入する方法をお伝えします。

スポンサーリンク

iCloudのストレージが不足しているか

iCloudの容量を見るためには「設定」アプリを開き、自分のアカウントをタップします。

アカウントをタップ

次に「iCloud」をタップします。

iCloudをタップ

この例であれば、写真とバックアップと書類が同じくらいの分量を使っていますが、容量には余裕があります。もしこれがいっぱいになった時を考えてみます。

容量の確認

iCloudのデータを削除してストレージ容量を確保する

バックアップが大きな容量を占めていた場合は、バックアップをパソコンに保存し、iCloudには保存しないようにします。この場合、パソコンにiPhoneをつながないとバックアップが取れなくなるので、定期的にバックアップをとった方が良いでしょう。


写真が大きな容量を占めている場合、iCloudに写真を保存しないようにする方法も考えられます。この場合、iCloudに保存してある「オリジナルをダウンロード」をしておくと全ての写真がダウンロードできます。

その他、下の方へスクロールしていけば、アプリのデータの削除をすることもできます。もう必要ないデータが多くの容量を取っているようであれば、それを削除することで解消できるかもしれません。しかし、あまり期待はできないでしょう。

iCoudのストレージを購入する

写真もバックアップも保存しておきたい、他のデータも残しておきたいとなれば、iCloudのストレージを購入することが考えられます。50GBであれば月額130円ですので、それほど大きな支出にはなりません。これだけあれば、写真では使い切れないくらいの容量です。

iCloudの「ストレージを管理」から「ストレージプランを変更」とタップすれば、容量を選択して購入することができます。

iCloudストレージ容量の月額料金

ストレージを購入する際の月額料金はこのようになっています。
50GB:130円
200GB:400円
2TB:1,300円

例えば、持っているデジカメもiPhoneに取り込んで、書類なども全て含んでiCloudに保存しておきたいとなれば、大きな容量が必要かもしれません。ちなみに、筆者はデジカメ写真を取り込んでおらず、記事の原稿は全てiCloudに保存してあります。それでも50GBの一部しか使っていません。

写真を保存しておきたいのか、バックアップのためだけに使うのか、全てiCloudに保存するのか、自分の使い方にあった選択をしたいところです。

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー