アプリがダウンロードできない!?iPhoneのAppStore問題を解決!

iPhoneがここまで普及したのはいろいろ便利なアプリがあるからです。しかしそのアプリがダウンロードできない、もしくはアップデートできないと困りますよね。今回はAppStoreで発生する問題を解説していきます。

スポンサーリンク


iPhoneのアプリがダウンロードできない主な原因

AppStoreからアプリがダウンロードできない一番の原因は、Wi-Fiなどの回線の状態が悪いことです。電波が弱かったり、通信が混雑しているとダウンロードできない事象が発生します。

まずは回線の状態をチェックするところから問題を解決していきましょう。

解決方法は動画でも案内しています。

アプリがダウンロードできない?iPhoneの不具合を解説【Appleサポートシリーズ】

スポンサーリンク

iPhoneをWi-Fiに接続する

もしモバイル回線を使っているなら、安定したWi-Fiに接続してみてください。家にWi-Fi回線がないのであれば、モバイル回線が混雑していない時間帯(例えば深夜など)に再度ダウンロードするのもよい方法です。

もしちゃんとしたWi-Fiに接続しているのにダウンロードできない場合は、Wi-Fiを一度オフにしてから再度オンにしてみてください。「設定」を開いて「Wi-Fi」を押します。

設定

このスイッチをオフにしてからオンにします。

Wi-Fi設定

それでもダウンロードできない場合はインターネットにつながっていないかもしれません。Safariなどでインターネットを開いてみてページが見られるか確認してください。

もしインターネットが見られない場合は、Wi-Fiルータを再起動したり、インターネットプロバイダに問い合わせする必要があるかもしれません。

スポンサーリンク

アプリのダウンロードを一時停止して再開する

ダウンロードが始まったものの「読み込み中」のまま止まってしまうこともよくあります。これも回線が混雑していておこる現象です。この場合は読み込み中のアイコンを長押ししてください。

すると「ダウンロードを一時停止」というメニューが出てくるのでおします。

ダウンロードを一時停止

一時停止したアイコンを押すと再度ダウンロードが始まります。

一時停止アイコン

これで読み込まれるようになったら成功です。

アプリ読み込み

iPhoneを再起動する

もしこのような画面になってアプリが正常にダウンロードできなかったら、このアイコンを削除せずにiPhoneを再起動してください。

iPhone画面 出典:Appleサポートページ

再起動することでアプリが正常に読み込まれることがあります。

iPhoneでアプリをダウンロードできないその他の原因

ほとんどの場合、アプリをダウンロードできない原因は接続環境の不具合です。しかし他にもダウンロードできない原因があるので、まだ解決していない場合は参考にしてください。

iPhoneのストレージ容量が足りない

iPhoneはモデルによって128GBモデルや256GBモデルなど、ストレージの容量が決まっています。もしこの容量がいっぱいになっていたら、アプリをダウンロードすることができなくなります。

iPhoneのストレージ容量をどれくらい使っているのかは「設定」を開くことでわかります。「設定」から「一般」を選択します。

設定

一般メニューの中から「iPhoneストレージ」を押します。

一般メニュー

するとiPhoneのストレージをどれくらい使っているかが表示されます。このグラフがいっぱいになっていると新しくアプリがインストールできません。

iPhoneストレージ

下の方へスクロールするとどのアプリがどれくらい容量を使っているのかがわかります。

アプリ一覧

容量が大きくて使っていなアプリがあれば削除することを考えてください。もしくは「非使用のAppを取り除く」を有効にすると、iPhoneが自動的に使っていないアプリを削除してくれます。

未使用のアプリを取り除く

iCloud写真を有効にすると、iPhoneに保存されている写真の容量が減り、オリジナルの写真はiCloudドライブに保存されるようになり、iPhoneのストレージ使用量が減ることになります。

しかしiCloudストレージは無料で5GBの容量しかありません。もし無料で使っているのであればiCloud写真は有効にしない方がいいでしょう。

iCloudドライブ

もし月額130円のプランを使えば、iCloudのストレージが50GBまで使えるようになるので「iCloud写真」を有効にすることによって、iPhoneのストレージ容量を確保することができます。

iPhoneが対応していない

それほど多い原因ではありませんが、特定のiPhoneにしか対応していないアプリがあります。例えば、iPhone 11Proのカメラにしか対応していないアプリがあったりします。

AppStoreでiPhoneアプリのページを開きます。

アプリ詳細ページ

下の方へスクロールすると「このiPhoneに対応」しているかどうかがわかります。

このiPhoneに対応

iOSのバージョンが対応していない

もしiOSのアップデートをしていないようであれば、iOSのバージョンがアプリに対応していないことがあります。アプリのページを下へスクロールすると「このiPhoneに対応」と表示されている部分を押します。

このiPhoneに対応

するとどのiOSバージョンが対応しているのか表示されます。

対応iOSバージョン

自分のiOSのバージョンは「設定>一般>情報」のところにバージョン番号が表示されています。

iOSバージョン

支払い方法がAppStoreで拒否されている

過去に課金したアプリの請求に未払いがある場合、その支払い方法ではたとえ無料のアプリでもダウンロードできなくなる可能性があります。「AppStore」を開いて、右上のアカウントアイコンを押します。

AppStore

アカウント画面で「自分のアカウント」を押します。

アカウント

「お支払い情報を管理」を押します。

お支払い情報を管理

この管理画面でエラーが発生していたら、アプリをダウンロードできない原因はこのエラーである可能性が高くなります。「お支払い方法を追加」を押します。

エラー画面
出典:Appleサポートページ

ここで新しい支払い情報を追加できます。

支払い方法の追加

まだ未払いになっている支払いがあるようであれば、Appleに連絡して清算した方がいいでしょう。こちらのページからAppleのサポートを受けられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました