【iPhone】突然のくるくるフリーズで動かない!原因と対処法

今や手放せないほど肌身離さず持っている人も多いiPhone。もし、iPhoneがない生活を考えるとゾッとしてしまいますよね。iPhoneがくるくるフリーズしてしまい、どんなにタップしても動かない!!!もう人生終わったくらいのピンチ!!!

こんなiPhoneでフリーズしてしまったときの原因や対処法をまとめていこうと思います。

スポンサーリンク


iPhoneのフリーズ、どんな症状?

iPhoneのフリーズとはどんな症状のことを言うのでしょうか?ズバリ、iPhoneのフリーズはパソコンのフリーズと同様、何らかの原因で応答しない、反応しなくなる状態の事です。

また、反応はしていても、画面が真っ暗になりくるくるアイコンが回ったまま操作できなくなるという状態、いわゆる「くるくるフリーズ」状態も考えられます。

では、iPhoneのフリーズとは具体的にどんなことが起こるのでしょうか?主なものを挙げてみました。

  • アプリ使用中(もしくはアプリを立ち上げたら)に動かなくなる
  • ホーム画面から他に進めない(動かない)
  • Appleのロゴが出た状態で動かない
  • iTunesに接続すると動かない
  • その他の原因(水濡れ故障、バッテリー低下

などが考えらえます。いずれにせよ、症状がなくいきなりフリーズすることが多いので、急に動かない状態になると焦りますよね。

ただ安心してください!多くの場合はわざわざ修理センターに持ち込まずとも自分で解決できることが多いのです。次からは原因と対処法をみていきましょう。

スポンサーリンク

iPhoneのフリーズ!原因と対処法


では、iPhoneがフリーズしてしまったときの自分でできる対処法をみていきましょう。

強制終了して再起動をする

上記のフリーズする原因のいずれでも有効的になる場合が多いのが強制終了をして再起動することです。パソコンでもそうですが、強制終了することでリセットされてフリーズ状態が解消される場合が多いのです。

ただ、iPhoneでやや面倒臭いのがモデルによって微妙に強制終了のやり方が違う事。それぞれのモデルでの強制終了のやり方をみてみましょう。

  • iPhoneXシリーズ→音量を上げるボタンを1回押し、次に音量を下げるボタンを1回押し、最後にAppleロゴが表示されるまでサイドボタンを長押し
  • iPhone8シリーズ→音量を上げるボタンを押し、すぐに放す。次に、音量を下げるボタンを押してすぐに放す。最後にAppleロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続ける。
  • iPhone7シリーズ→電源ボタンと音量を下げるボタンをAppleロゴが出るまで同時に長押しする
  • iPhone6シリーズ→電源ボタンとホームボタンをAppleのロゴが出るまで長押しする
  • iPhoneSE→スリープボタンとホームボタンを同時に長押しする

となっています。iPhoneがフリーズしてしまったら、まずは強制終了を試みてみましょう。ただ、強制終了することで未保存となっているデータなどが消えてしまう可能性はありますので注意してください。

OSを最新版にアップデートする

主にアプリ使用中にフリーズしてしまったりしているときに多いのが、最新iOSになっていない場合があります。そのため、最新OSになっていないと、強制終了して再起動をしてもすぐにまたフリーズしてしまう可能性が高いのです。

そのため、まずは自分のiOS状態を見てみましょう。iOSの確認方法は以下の通りです。

  • ホーム画面から【設定】アプリを開く
  • 【一般】→【情報】と進む
  • 中ごろにある【バージョン】に記載されている数値が今のiOS状態になります。(上記画像参照)

2019年4月現在での最新iOSは、「iOS12.2」となっています。上記のような「iOS12.1」以降程度なら問題はなかなか起きませんが、あまりにもバージョンアップしておらず古いバージョンのままだと未対応となってしまいフリーズの要因となってしまいます。最新iOSにバージョンアップしましょう。

※iOSバージョンアップのやり方

  • ホーム画面から【設定】アプリを開く
  • 【一般】→【ソフトウェア・アップデート】と進む
  • 「いますぐインストール」をタップする

この3ステップで完了です。時間は10~20分ほどかかります。また、パケット(ギガ)大量に消費するのでWi-Fi環境で行うと良いでしょう。また、途中で充電切れになってしまうと最初からやり直しになってしまうので、充電している状態かフル充電でアップデートを開始すると良いでしょう。

使っていないアプリを削除する


アプリを使用すると、キャッシュファイル(一時ファイル)が溜まっていきます。キャッシュファイルが溜まってくると、iPhoneがいっぱいいっぱいの状態になり、動作が鈍くなる現象やフリーズの原因になることもあります。

以前閲覧したウェブサイトを再度表示する時にすばやく表示させることができ便利ではありますが、時々キャッシュファイルを削除するようにしましょう。

※アプリのキャッシュファイルの削除方法
(例)chatworkアプリ

  • ホーム画面から【設定】アプリを開く
  • 下記にスクロールしてフリーズしてしまったアプリをタップ
  • 「次回の起動時にキャッシュをクリア」をオンにする(画像参照)

となっています。

保護フィルムを剥がす


意外な盲点となる点ですが、保護フィルムが動きを邪魔していることも考えられます。
長い間、保護フィルムを使っていることで、目には見えませんが微妙な空気が間に入ってしまうなどして、タッチパネルの動きを妨げてしまっている場合もあるのです。
経年劣化はするものなので、一度保護フィルムを剥がして、新しいものに替えて見ると驚くほど軽快に動くかもしれません。

バッテリーを交換する


iPhoneのバッテリーは使用状況や使用環境により変わってきますが、だいたい3年ほどと言われています。なかには4年、5年と使い続けている人もいますが、

バッテリーが寿命近くなると、「フル充電してもすぐに充電切れになる」「バッテリー残量があるはずなのに突然電源が落ちる」などに加えて、フリーズする症状が起きてしまう事もあるのです。

そのため、バッテリーの減りが早くなってきたと感じたらバッテリー交換を検討してみましょう。

iPhoneのバッテリー交換は、自分でバッテリーを購入して行うわけではなく、Appleの修理センターに「持ち込み」と「配送」して行ってもらう方法になります。

保証内であれば無料で行いますが、期間が過ぎているなど保証対象外となればバッテリー交換は7,800円(税抜)※iPhoneXシリーズの場合となっています。

(バックアップしてから)初期化する


修理に出す以外の最終手段として考えたいのが「初期化」です。パソコンでも初期化すると元に戻るようにiPhoneもパソコン同様の精密機器ですからリセットされて元に戻る可能性があります。ただ初期化をしてしまうとその名のとおり購入した状態に戻ってしまいますのでバックアップをしっかり取ってから行うようにしましょう。

バックアップ方法で一番便利なのが、クラウド上にデータ保存をする方法です。AppleではiCloudというクラウドサービスがあります。ここではiCloud でのバックアップ方法を記載しておきます。

  • 「設定」→「[ユーザ名]」→「iCloud」>「iCloud バックアップ」と進む
  • 「iCloud バックアップ」がオンになっているか確認します。
  • デバイスを電源に接続します。
  • デバイスを Wi-Fi ネットワークに接続して、デバイスの画面がロックされていることを確認します。

この状態で自動的にWi-Fi接続時にデータバックアップを行ってくれます。ただ、このiCloudは無料だと5GB分のストレージのみでそれ以上は有料となります。iCloud以外にも無料で使えるクラウドアプリはありますので他のものでも万が一の時のためにデータバックアップは行っておいた方が良いでしょう。

※無料で使えるクラウドアプリ

Appreach

Appreach

ままはっく無料posted withアプリーチ

Dropbox

Dropbox

Dropbox無料posted withアプリーチ

Amazon Drive

Amazon Drive

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

他にも色んなクラウドアプリが出ています。試しに色々アプリを落としてみて自分に使いやすいところを選びましょう。

バックアップ後、初期化を行ってください。

※初期化のやり方

  • 「設定」→「一般」→「リセット」と進む
  • 「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」→「iPhone を消去」と進む
  • 最後、確認で「iPhone を消去」と出るので改めてOKとタップする

これで初期化完了です。

くるくるフリーズについても症状と対処法

画面が真っ黒な状態で真ん中に丸い円だけがクルクル回っている、いわゆるくるくるフリーズになることもあります。

くるくるフリーズで考えられえる症状は、

通常の使用中に動かなくなるフリーズ状態と同様で、メモリ不足、OSが未対応などでiPhoneがいっぱいいっぱいになっているか、バッテリーの低下などが考えられます。

くるくるフリーズの場合でも同様に

  • 強制終了、再起動を行う
  • 最新iOSにアップデートする
  • バッテリーを交換する
  • 初期化する

などの対処法を行ってみましょう。ただiPhone本体が異常に熱くなってしまっている場合など内部の故障の可能性もありますので、その場合は修理に出すほうがベターでしょう。

まとめ

【iPhone】突然のくるくるフリーズで動かない!原因と対処法についてまとめてみました。
一度も強制終了をしたことがない人だと、やはり行うのが怖かったりしますが、キャッシュの削除を含めてリフレッシュは人間でも必要なようにiPhoneでも必要だったりします。
万が一のフリーズ時に備えてやり方はマスターしておきましょう。