【iPhone】水没した時の対処法!完全防水ではない?

今やiPhoneを肌身離さず持ち歩いていないと落ち着かない人も多いiPhone。防水に対応しているiPhoneであっても水没で故障してしまうことがあるのです。そこで、今回は、iPhoneが水没して故障してしまったときのの対処法を見ていきたいと思います。

自分はお風呂場とかにiPhone持っていかないし大丈夫!なんて思っている人でも万が一の時のために知っておいて損はないですよ。

スポンサーリンク


iPhoneは完全防水ではない!?

iPhone7以降は防水対応になっています。

これまでAndroidやガラケーでは防水モデルがあったものの、iPhoneではなかったので、iPhoneユーザーにとって朗報だった人も多いのではないでしょうか?

それなのにiPhoneの水没して故障してしまった対処法って?と思うかもしれませんが、『実はiPhoneは完全防水ではないのです。』

iPhoneの防水規格がIPX7等級とはどれくらい?

IPX○とは防水のレベルを表す表記で、○の数字が大きければ大きいほど高い防水性を有していることになります。ちなみにIPX○のXの部分が数字の場合もありますが、この数字で防塵レベルを示しています。IP68だと防塵6と防水8のレベルを有しているという事になりますね。

では、iPhoneの防水はどれくらいのレベルなのでしょうか?前述どおりiPhone⑦以降が防水対応になっていますが、iPhoneXRなど最新機種まですべて現状では、iPhoneの防水等級は「IPX7等級」です。

IPX7等級とは、常温で水道水、かつ静水の水深1mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに電話機としての機能を有することを意味しています。

30分も放置でも大丈夫?なら平気じゃん!と思った人もいるでしょうが、口コミなどを見ていると、台風などの大雨でびしょ濡れになってしまった場合、このiPhoneの防水レベルではダメで水没になってしまったなんて声も目立ちます。

例えば、キッチンで調理をしながらレシピサイトを見たり、お風呂場でバスタブには落ちないように気をつけて入浴中に動画などを楽しみたいくらいなら大丈夫でしょうが、うっかりバスタブ内に落としてしまったりすると、水没となってしまう可能性は否定できません。

スポンサーリンク

iPhoneが水没したと思われる症状

  • 画面に水が入ってしまっており、一部がぼやけて見える
  • 画面が真っ黒(もしくは真っ白)で何も見えない
  • 画面がチカチカと点滅する
  • 英語でエラーが表示される
  • 文字が勝手に入力される
  • バックライトが付かない
  • 充電速度が明らかに遅くなった

などが挙げられます。これらのひとつでも症状が出たら水没での故障を疑ってください。(他の理由の場合もあります。)

iPhoneが水没して故障してしまったときの対処法

iPhoneが水没し故障してしまった場合、どうすればよいのでしょうか?自分でiPhoneを分解して直そうと試みてしまうと、契約違反となり修理に出しても断られてしまうこともあります。

そのため、水没して故障かと思ったら、iPhoneの修理サービス店に依頼をするのがベターです。ただ、修理に持っていく前に自分でやっておきたいことがあります。

修理に持ち込む前にやっておきたいこと

  1. 電源を落とす
  2. SIMカードを抜く
  3. ライトニング端子などの隙間が濡れていたら綿棒で吸い取る

これだけをしておくだけでも、修復の可能性度がアップします。ここまでやってなるべく早くに修理センターに持ち込みましょう。

なかなか修理に出す時間がない場合

できればすぐに修理に出したいところですが、なかなかiPhoneがない生活など考えられないし、修理に出しに行く時間がないので、できれば自力でなんとかできないかと思うものです。

もちろんメーカーが推奨しているやり方ではないので確実性はありませんが、口コミでこれをやれば直ったという声もある方法もお教えします。

それは、①~③までの工程を行ったあと、「ジップロックのような密閉性の高いビニールに入れて、シリカゲルや生米のような水分を吸ってくれる効果を詰めこむ」という方法です。

その状態であとは1日放置して、水分が吸収されることを祈るまでです。iPhoneの内部のどこが水没してしまったのか分からないため、それでは不可能な場合もありますが、運が良ければこれで元通りに戻る場合もあります。

ダメ元でも1回は試してみる価値があるのではないでしょうか?特にお菓子などに入っているシリカゲルは水分吸水性が高いので、お菓子に入っていたときには捨てずに保管しておきたいですね。

iPhoneが水没してしまったときに絶対やってはいけないこと

ドライヤーで乾かす

ドライヤーで温めると中まで水分が飛びそうで効果的に見えますが、実は表面だけ温めるだけで意味がありません。

電子レンジでチンする

素人目だと直りそうですが、これもNG。仮に水分を蒸発させたとしても、内部の電子機器を破壊してしまい別の意味で故障となってしまいます。やりすぎると焦げたり、火が出てしまう場合もあり危険です。

iPhoneを振る

耳に水が入ってしまったときと同じ要領で、iPhoneでも振って出そうという心理が働いても、これもNG。振ってしまう事で、余計にマズい箇所に水が入ってしまい修理が長引てしまう事もありえます。

水没故障の補償はある?

昔のガラケー時代はちょっと水回りに落としてしまっただけでアウト!となってしまいましたが、今ではそこまでではありません。しかし、1日たりとも無くなっては困るiPhone。万一、水没してしまったときの補償はどうなっているのでしょうか。

すべてのiPhoneには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定補償(AppleCare+)が付いているため、1年以内の補償内であれば無償修理が可能です。また、年間費9,800円とやや高額ですが、「AppleCare+ for iPhone」というAppleが提供している保証サービスに入っておけば、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、1回につき7,800円(税込)のサービス料で最大2回まで受けることができます。

他にも各契約しているキャリアごとに個別の補償サービスがありますが、どれも月額料金がかかる事前に加入しておかないといけないサービスなので、リスクを取るか、安心を取るか難しいところですね。