【iPhone】USBテザリングでパソコンでインターネット共有する方法

ちょっとした時間、ノートパソコンなどをネットにつなぎたいときに便利なテザリング。
パケットの大容量契約プランも増えており、モバイルWi-Fiなど持ち歩かなくても、iPhoneのテザリングで事足りる場合も。

テザリングのやり方としては、「Wi-Fiテザリング」「bluwetoothテザリング」「USBテザリング」とありますが、最も簡単なのが「USBテザリング」ではないでしょうか?

そこで、今回は「USBテザリング」でインターネット共有する方法を分かりやすくまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク


USBテザリングのやり方

USBテザリングのやり方はいたって簡単で、ライトニングUSBケーブルをiPhoneとパソコンをUSB接続するだけ。

Wi-Fiテザリング=パスワードの入力が必要
Bluetoothテザリングの場合=ペアリングが必要

ほかの接続方法に比べてみると初心者の方でもすぐに接続できるのが特徴です。

①ライトニングUSBケーブルをiPhoneとパソコン(ネットにつなぎたい機器)につなげる

※ライトニングUSBケーブルとは、いつもiPhone充電時に使っているケーブルです。iPhone購入時、付属で付いているものなので、それを使っていれば間違いないですが、よく断線しやすいため、100円ショップなどで買った安いケーブルを使っている人もいるかもしれません。USBテザリングを行う場合は、純正品もしくはアップルMfi認証済のものを使用すると良いでしょう。

②iPhoneの【設定】から【インターネット共有】をタップする

③パソコンのタスクバーの【電波マーク】をクリック

④つながるWi-Fiの一覧から「(自分のiPhone名)のiPhone」をクリック

⑤「接続済み」と表示されたら、インターネットがつながっているのでテザリングOKです。

スポンサーリンク

USBテザリングのメリット

消費電力が抑えられる

Wi-FiテザリングやBluetoothテザリングの場合(特にWi-Fiテザリング)、ワイヤレス接続なこともあり、消費電力が非常に激しいです。スマホのバッテリー容量にもよりますが、2~3時間テザリングをしていると、一気に充電切れになってしまうでしょう。

その点、USBテザリングは、Wi-Fiテザリングなどに比べて消費電力が抑えられるので、長時間使用することもできます。

同時に充電も可能

USBテザリングが長時間利用できるもう一つの理由が、充電も同時に行えるためです。USBテザリングに使用しているケーブルは、充電ケーブルでもあるため、テザリングと同時に充電を行うことができます。

スピードが安定している

無線LANより有線LANのほうがスピードのばらつきが少なく安定するように、テザリングでも同様です。
有線テザリングのUSBテザリングのほうが、無線に比べて安定的といえます。

セキュリティ面でも安心

Wi-FiテザリングやBluetoothテザリングのようなワイヤレス通信の場合、データを盗まれる、見られるといったセキュリティ上のリスクがつきまといますが、有線接続のUSBテザリングがワイヤレス(無線)に比べるとセキュリティ面でのリスクが少ないといえます。

USBテザリングのデメリット

ライトニングUSBケーブルを持ち歩かないといけない

Wi-FiテザリングやBluetoothテザリングは、iPhoneとネットにつなぎたいノートパソコンがあればすぐにテザリング可能なのに対して、USBテザリングを行おうとすると、ライトニングUSBケーブルがないとできません。ケーブルとはいえ、持ち物がひとつ増えてしまうのはデメリットといえます。

USB端子がひとつ埋まる

ノートパソコンの機種によっては、USB端子の数が少ない場合もあります。例えば、ワイヤレスマウスでひとつUSB端子を使っていたら、2口しかない機種の場合、あとひとつしかありません。何かとUSBでつなげるものが多い場合、USBテザリングをするとひとつ埋まってしまうのはネックです。

1台しかつなげられない

Wi-Fiテザリングのようなワイヤレス接続の場合、まとめて複数台のデバイス(ネットに接続したい機器)と接続が可能です。例えば、1台のiPhoneでノートパソコンとゲーム機などまとめてネット接続ができるわけです。しかし、USBテザリングはUSB端子に接続した1台のみしかつなぐことができません。

デバイスのバッテリー消費を早める

USBテザリングは、テザリングと同時に充電も行うため、パソコンなどデバイスのバッテリーが急速に消費されます。