パソコンで「LINE」を使う方法と、そのエラーの意味

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

LINEは便利なメッセージアプリですが、パソコンで作業をしていると通知に気づかなかったり、いったん席を離れたり、少し面倒です。そんな場合にパソコンでLINEを使う方法をお伝えします。ただし、制限事項からエラーが表示されるため、その部分も解説します。

パソコンでLINEを使う方法

まずはパソコンでも使えるように、スマートフォンのLINEで事前準備をします。下部のその他ボタンをタップし、「歯車」の設定ボタンをタップします。

設定ボタン

「アカウント」をタップします。

設定メニュー

アカウントの画面で、「メールアドレス」と「パスワード」が設定されていることを確認します。もし覚えていなかったり、設定されていなければ、ここで設定しておきます。

メールアドレスとパスワード

そしてパソコンからログインできるよう「ログイン許可」のスイッチをオンにします。

ログイン許可

ここまでで、スマートフォンの事前準備は完了です。次はパソコンで、このページからWindows版かMac版のLINEをダウンロードしてインストールします。

ダウンロード画面

インストールして起動するとログイン画面が表示されますので、先ほど確認した「メールアドレス」と「パスワード」を入力してログインします。すると最初の一度だけ、暗証番号が表示されます。

ログイン画面

今度はスマートフォン側で、パソコンに表示された暗証番号を入力します。

暗証番号入力

これでログインが完了します。次回からはこのような手順は必要なくなります。

ログイン完了

スポンサーリンク

しかし…エラーが表示されている?

トーク画面をみてみると、エラーが表示されていると思います。

エラー画面

「メッセージが復号化されていない可能性があるため表示できません。」
「友達にメッセージの再送信を依頼してください。」

これはLINEアプリが自分と友達のトークごとに暗号化をしているため表示できないことを意味しています。これは「Letter Sealing」と呼ばれる機能で、どうすることもできません。もし突破する方法があれば、第三者にみられる可能性があることになります。これが正常な状態です。

しかしこのままでは今後のメッセージもPCで読むことができません。そのため矢印で示したところにアナウンスが表示されています。

アナウンス

LINEのPC版でLetter Sealingを有効にするには本人確認をする必要があります。

その下に「本人確認」のリンクがあるのでクリックすると、暗証番号が表示されます。スマートフォン側のLINEアプリの画面が自動的に認証画面となっていますので、そこへ暗証番号を入力します。

暗証番号入力

一度、Letter Sealing機能とPC版アプリをくくりつければ、それ以降のメッセージはPC版でも表示できるようになります。

メッセージ表示

メッセージが復号化されていない可能性があるため

いきなりエラーメッセージが表示されているのでとまどうと思います。しかしLetter Sealing機能によって第三者から読み取れないようにしているのでどうしようもありません。

「設定>プライバシー管理>Letter Sealing」のスイッチを、自分と友達の「双方が」オフにすると、暗号化がされなくなり読み取れるようになります。しかしわざわざセキュリティのレベルを低下させて、トークを保存しておく必要はないと思われます。

スマートフォンにはちゃんと暗号化された状態で保存されていて過去のトークはみることができます。一度、スマートフォンとPC版のLINEアプリを暗証番号で連携すれば、それ以降は便利に使えますので、割り切って使うのが良いでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー