MacBookのWi-Fiが繋がらない時や速度が遅い時の解決策!!

MacBookなどノートパソコンを使う場合は基本的にWi-Fiつまり無線LANでインターネットに接続されていると思います。そのWi-Fiがうまく繋がらない時や速度が出ないなどの場合にどのような対策を取れば良いのか。順番に紹介していきますので、最初から確認してみてください。

スポンサーリンク

MacBookのWi-Fiは間違いなくオンになっているか

とても基本的なことですが、Wi-Fiがオフになっていては繋がりません。当たり前のようですが、よくあることですので、画面右上のWi-Fiアイコンをみてください。このような表示になっているとオフになっています。

Wi-Fiがオフの状態

これはアイコンをクリックして、「Wi-Fiをオンにする」をクリックすると解決します。

Wi-Fiをオンにする

スポンサーリンク

他のiPhoneなどがWi-Fiで正常に繋がっているか

iPhoneやスマホ、タブレットなど、Wi-Fiに接続している他の機器がWi-Fiに接続できているか確認します。iPhoneやその他の機器で正常にツイッターやインスタが使えるのであれば、問題はMacBookにあることがわかります。

iPhoneイメージ

もし他の機器も接続できていないようであれば、Wi-Fiルータに問題があると思われます。次項を実行してみてください。

Wi-Fiルータを再起動してみる

他のiPhoneなどが正常にWi-Fiに接続できていても、Wi-Fiルータの再起動にはやる意味があります。再起動によってMacBookも正常に接続できるようになるのはよくあることです。

「Wi-Fiルータ」と言われてもピンとこないかもしれません。Wi-Fiを家に設置する際に、2台の機器が設置されることがほとんどです。1台はWi-Fiルータ、もう1台は回線終端装置です。これは両方とも再起動して問題ありませんので、両方の電源を抜き、しばらくしてから両方とも刺してみてください。

Wi-Fiルータの再起動方法からは動画で対策を説明していきます。動画下部では動画と同じ内容を文章でも説明していますので参考にしてください。

MacBookのWi-Fiが繋がらない時の対策動画

MacBookのmacOSが最新になっているか

macOSの無線LAN関係に問題がある可能性があります。そのため、自分の使っているmacOSが最新かどうかチェックします。macOSがMojaveの場合は「システム環境設定」を開き「ソフトウェアアップデート」をクリックします。

システム環境設定

最新の状態であればこのように表示されます。

Mojave最新

macOSがHigh Sierra以前であれば、Mac App Storeを開き、「アップデート」をクリックします。

Sierra最新

最新の状態であれば「アップデートはありません」と表示されます。

MacBookのDNS設定を変更してみる

DNSというインターネットの接続先の情報を変更して、接続が安定するかどうか確認します。これはGoogleの提供するDNSサービスを使うので、これで解決すればそのまま利用しても問題ありません。まず「システム環境設定」を開き、「ネットワーク」をクリックします。

システム環境設定

「詳細」をクリックします。

ネットワーク設定

「DNS」をクリックし、下にある「+」をクリックしたら「8.8.8.8」と入力し「OK」をクリックします。

DNS設定

最後に「適用」をクリックします。

ネットワーク設定完了

MacBookのWi-Fi周波数を変えてみる

Wi-Fiには2種類の電波があります。ひとつは末尾が「a」で終わる5GHz帯、もうひとつは末尾は「g」で終わる2.4GHz帯です。詳しい説明は省きますが、それぞれに得意不得意があります。今使っている末尾とは違う方のWi-Fi電波に接続してみてください。パスワードは同じになっています。

Wi-Fiの接続変更

電波の干渉が原因の場合、これで通信が安定する可能性があります。

MacBookのネットワーク設定を削除してみる

何らかの不具合でMacBookのネットワーク設定に誤った情報が書き込まれてしまった可能性もあります。この場合はネットワーク設定をいったん削除します。

まずWi-Fiをオフにします。

Wi-Fiをオフにする

「Finder」を開き「command + shift + G」を押して次の文字列をコピーしてペーストしてください。

/Library/Preferences/SystemConfiguration/

Finder画面

その中で下記のファイルをデスクトップへコピーしてバックアップを取っておきます。ファイルがない場合は無視して構いません。

com.apple.airport.preferences.plist

com.apple.network.identification.plist
com.apple.wifi.message-tracer.plist
NetworkInterfaces.plist
preferences.plist

バックアップを取ったら、これらのファイルを削除します。パスワードの入力が求められますので、その都度入力してください。

削除が完了したらMacBookを再起動し、Wi-Fiをオンにします。

動画で観ていただいた方が、具体的に何をするのかわかりやすいかもしれません。参考にしてみてください。

動画で言及している「Finder」にコピーしてペーストするのはこの文字列になります。

/Library/Preferences/SystemConfiguration/

MacBookのハードウェア故障の可能性

ここまでの作業をしてもWi-Fiが正常に接続できないようであれば、MacBookが故障している可能性が高くなります。最後はAppleのサポートへ連絡を取りましょう。

https://support.apple.com/ja-jp

Appleサポートの対応はとても早いので、個人的には好印象を持っています。これまでにやった作業のことも聞かれると思われますので、このページを参考に説明をしてください。